ニートについて意味や対象年齢などの紹介

ニートの意味について(英語ではNot in Education, Employment or Training)略してNEETです。

    ニートとは、15歳から34歳まで

  • 仕事についていない
  • 就職活動していない
  • 就学していない
  • これらに合致する人を指す言葉。

本来は欧米から来た言葉ですが、日本ではセミリタイアした人や財産を築いて、もう働かなくても良い人でもニートに該当するものになっている。
34歳超えたら、35歳から仕事をしていない・就職活動していない・勉強していない人は、ただの無職である。
ニートの定義には該当しない。

日本におけるニートの定義

厚生労働省のページで示されている。

Q.ニートの数はどのくらいですか。また、ニートの定義は何ですか。
A.ニートの数は、平成21年は約63万人で、総務省が行っている労働力調査における、15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方を、いわゆるニートとして定義しています。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/other/faq.html

一般的なニートに関しては、引きこもりと混同して使われる間違いが多いですが、
ニートが社交性が無く自宅に篭った生活を行っていたりするというものではない。

他の単語との混同

ニートと引き篭もりは全く別の特徴がある。
資産が沢山ありセミリタイアしたような人に対してニートというのも間違いに思う。
ニートの年齢対象が15~34歳ということも欠落しやすい条件だろう。
ニートの就職支援
最近では労働人口の筈の年代の無就労状態の人たちの比率が増えていることが社会問題化している。
高齢化であり労働人口は右肩下がりであることから、一刻も早い社会復帰が望まれることであるが、反対に労働問題ではブラック企業などの問題があり、
若者の社会復帰に影を落としている。
非正規雇用の増加などで、生活保護よりも低い賃金でフリーターとして働かざるを得ない人や、
学生のブラックバイトなどの問題からも
一刻も早い労働市場の改善を期待すべきところだろう。
そういう問題を蔑ろにして少子高齢化で労働人口が減るので外国人労働者呼び込もうとする無能な政策ばかり検討する日本という国。
しかしながらニートの世代である18歳くらいから34歳までは統計で問題視するのに
35歳以降40代などの世代の無職の問題はあまり深刻視されていないが、実際にはその世代の方が再就職は難しく、労働復帰しにくい問題はスルーされているのが実態だ。

ニートの為の就職支援

ニートの正社員への、就職支援ならジェィク
最近ではニートの就職支援を行う団体や企業が増えてきている。
これはニーズがあるからこそ増えているのだろうと考えられる。
【若者正社員チャレンジ】 脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦
今後の展望は不明ですが期待したいサービスである。

ニート他

神様のメモ帳 ジャンボトートバッグ

ニートは、ニートでもニート探偵は色々と貪る。
神様のメモ帳 ライトノベル原作のアニメ
ネギラーメン麺抜き・チャーシュー・玉子抜きで注文して食う輩。

【若者正社員チャレンジ】 脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦

脱・ニート!脱・フリーター!脱・ハケン!ゼロから正社員としての就職に挑戦【若者正社員チャレンジ事業】。 当事業は、「働きたい」という想いを持ちながらも、さまざまな事情からそれが叶わず、 ニート、フリーター、派遣社員、無職状態になっている29歳以下のみなさんを、 カウンセリング、セミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、 正社員として働く道を切り開くために生まれた、東京都の支援事業です。

ニートとして生活するには:会社で働かないで稼ぐ方法編

NEETとして生活するには個人事業主が一番だ。 会社に雇用されていたらニートにはなれない。 ニートの別な呼称で自宅警備員他色々な単語はあるが、稼ぐ方法について紹介したい。 ヒキコモリとニートは異なる。 ニートの別な呼称で自宅警備員他色々な単語はあるが、稼ぐ方法について紹介する。

ニートの成功

ニートが成功できるか否か これは普通に就職していたら成功できる確率は低い。 高校や大学卒業で成功したといえる人は殆どいないからだ。 エスカレーター式に卒業後就職したとしても3年で退職して転職する人が殆どだ。 過半数の人でもそういうパターンが当たり前にある。 ニートの人が就職したからといって成功に繋がる可能制は当然のことだが低い。

ニートや引きこもりについて。

ニートや引きこもりについて。 ニートや引きこもりは年々増加傾向だ。一部で減ったという主張を安倍政権が行っていたがあれは年齢が既にカウントされない層に繰り上げられたために、少子化なので人口がへり失業率が減ったように見えるだけだ。

ニートから始める個人事業主

ニートから始める事が可能な個人事業主という職業?いや肩書きか。 2014年時点でも引きこもりや労働していない労働世代18歳~60歳くらいまでの人数は年々増加の一途だと感じる。 正直学校生活でのいじめや、ブラック企業で体を壊したり精神をやられると、一度休むと休業期間にもよるがまともな仕事に着けることは少ない。むしろ普通に働いている人達でさえもキャリアアップの転職は、よほどのスキルが無いと向上することはないので、正直な所サバイバルだ。

ページの先頭へ