正社員

生活

正社員になれなかったから貧困の間違い

正社員になれなかったから貧困の間違いについて解説する。非正規雇用が大々的に増えたのは1990年以降のバブル崩壊の流れの不況な世の中で 「雇用の削減や整理」 「人件費の削減」 「昇給が大幅にへったりする流れと、」 ・高齢化社会の側面も大きい。(年功序列だった給与システムだと若い世代の負担だけが大きくなること) 「正社員になれなかったから」と貧しいままでくすぶっていては一歩も進展することがない。 変えるのは自分が動くしかない。
生活

正社員を無くすとどうなるのか?

最近では正社員というものに雇用されることを望む非正規雇用は拡大している模様。 正社員を無くすとどうなるのか?一番困るのは今正社員という席についていて収益を上げられないのに高い給与貰っている人たちだろうな。 会社に利益を出す人なら正社員という席が無くなっても好待遇で生きて居られる。 反対に利益生み出せない人材は簡単に切られるようになる。 セーフティーは失業保険くらいしかないので失業保険の受給範囲から零れ落ちる人は、簡単にホームレス化しやすい社会になりそうだ。
生活

非正規雇用比率に見る正社員と非正規雇用(派遣・アルバイト・パート)の実態

非正規雇用比率に見る正社員と『非正規雇用(派遣・アルバイト・パート)』の実態としては盲点が多い。 社会的な生きづらさも正社員は楽で非正規社員は苦労が絶えない二極化である。 独身で孤独死という問題は何も高齢者だけの問題ではない。 30代...
タイトルとURLをコピーしました