クリスピー・クリーム・ドーナツという店舗が
大量閉店している理由が記載されていたのでメモ。

クリスピー・クリーム、「大量閉店」の全真相

 “行列のできるドーナツ屋”として知られる、クリスピー・クリーム・ドーナツ。2006年12月に日本に進出してから10年の節目を迎える。今年3月に一挙20店弱を閉店した同社は今、転換点を迎えている。

東洋経済オンライン 11/6(日) 6:00配信 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161106-00143621-toyo-bus_all&p=1

創業

1937年に米国のノースカロライナ州で創業

日本での展開

2006年 ロッテとリヴァンプの合弁会社として設立 
2006年12月、新宿のサザンテラスに1号店をオープン
オープン当初は1時間から2時間待ちだった
2015年には全国で64店舗にまで至る
2016年9月には46店舗に縮小
スイーツホッパーと呼ぶ甘いもの好きがりゅこうの移り変わりが激しいことから
定着顧客がつかなったもよう。
クリスピー・クリーム・ドーナツ

krispykreme.jp

クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパンの公式ウェブサイト。70年続く秘密のレシピが作り出すドーナツ&ドリンクメニュー、店舗情報、採用情報など様々な情報をご紹介します。

背景の緑色の水玉がセンスの無さ滲み出ている。
WEBサイトにこういう模様使うなと思うが・・・。
原料の産地とかどこにも記載されていないし…。

雑感

ぬふふぬふふ

目標は100店舗とのことらしいが
ロッテだと駄目だと思うな。
企業イメージ最悪ですし。
どこかの本にもマクドナルドとモスバーガーは、バーガー類の成分表示を回答したという答えだったのに
ロッテリアだけは回答拒否したと紹介されていたので。
ロッテが噛んでいるサービスは極力避けますね。


アマゾンで『クリスピー・クリーム』検索する