鏡開きとは日本の行事で、正月に神に捧げた、鏡餅などの供え物を、食べること。
同様に日本酒酒樽を木槌で割ることも鏡開きと言う。

鏡開き(かがみびらき)・鏡割り(かがみわり)とは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、日本の年中行事であり、神仏に感謝し、またその供えられたものを頂いて無病息災などを祈って、汁粉・雑煮などで食す。
ja.wikipedia

⇒ Amazonで食品・飲料で鏡開きを確認するする

お酒の鏡開きもある

I/41Z9-8hjkSL._SL500_.jpg” alt=”おめでたい樽酒 末廣 鏡開き2斗 こもかぶり 約50キロ” border=”0″ />

おめでたい樽酒 末廣 鏡開き2斗 こもかぶり 約50キロ

祝宴などで菰(こも)を巻き付けた酒樽(菰樽という)の蓋を木槌で割って開封することも鏡開きという。 これは、酒屋では酒樽の上蓋のことを鏡と呼んでいたことに由来する [9]。

Amazonで鏡開きをチェックする

糖質はというと100MLあたり日本酒(純米で3.6gとのこと。
赤ワインが1.5gなので糖質あたりは高い気がしますが、
ビールが約3gなので、日本酒は度数も高いですし飲みすぎなければ糖質をとりすぎることはないのかも知れません。