ビール系飲料税額「55円」に統一へ動くというニュースが痛々しい
ビール
この理由としてビールより安く販売できるように
発泡酒⇒第三のビールと発売してきたアルコールメーカーの努力を蔑ろにしかねないからだ。

財務省、ビール系飲料税額「55円」に統一へ動く。消費者は「単なる増税」と猛反発

 現在適用されている酒税法によると、ビール系アルコール飲料は、麦芽比率や原料によってビール系飲料を区分、異なる税額を適用している。350mlあたりの税額はそれぞれ正規ビールが77円、発泡酒が47円、第三のビールが28円となっている。

税額変更されると

正規ビールが77円、⇒「55円」
発泡酒が47円、⇒「55円」
第三のビールが28円⇒「55円」

変更価格予想

単純に
現行価格から変更価格を予想するとこうなる。

  • ビール 200円⇒180円
  • 発泡酒 150円⇒170円
  • 第三のビール 120円⇒160円
  • 程度になると予想される。
    消費者の財布の紐はきつくなるだろう。

    北海道産の毛ガニ通販:新鮮なタラバガニ・毛がに・ズワイガニを全国へ直送