痩せる方法はいくつかある。

  • 運動
  • 食事
  • 基本はこの2つだ。

これ以上の事は無い。

しかし毎年ブームのように**ダイエットが出ては消えて翌年には新しい「なんちゃらダイエット」が出てくる。
これは飽きやすい(続かない)或いは元々高が無い(低い)或いは全体的にはバランスが取れていないことなどが考えられる。

サプリメントや各種グッズは、根拠が乏しいものが多すぎで何故人が太るのか どうしたら痩せる事が可能なのかは医学的な見解なしにさも効果があるかのように販売され、毎年毎シーズンのように流行として消費されているのが現実だ。

痩せる為の基本的な要素

基本的な事さえできていれば痩せる事について、ジム通いやサプリメントの購入など必要ない。

  • 食事⇒摂取エネルギー。成人は平均2000kcalは摂取する必要がある。
    子供の場合などはこれよりも少なくても可。
    食べる物を正しく理解して摂取していないと肥満の素となる。
  • 筋肉⇒たんぱく質をもとに出来ている。肉や魚を食べないと筋肉が消費されるため間違った断食やダイエットが失敗するのはこの為。筋肉同様骨にも気を付ける必要がある。
  • 運動⇒摂取した食事でオーバーしたカロリーの消費や体内の脂肪を有効に消化するために必要な運動ですが筋肉が足りていなかったり基礎的な栄養素が足りないとガス欠状態になってしまう。

正しい栄養を摂り、筋肉を付ける基礎エネルギーを身に着けて、運動で筋肉を付けることで基礎代謝アップが土台として必須。
最初の食事から駄目な栄養素だらけだと失敗することになる。
食事内容、摂取カロリーを守りその上で運動が必要なのだ。
※筋肉を付けるということは、長期的にリバウンドしにくい体作りと痩せやすい体作りの意味合いが有る。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは炭水化物抜きダイエットと言われるように、体内で糖質に変わる根源の炭水化物を押さえることで、ダイエットを行う方法。
ダイエットで運動よりも重要な物 糖質』と『炭水化物』を減らすこと それだけ
従来の思考としては運動と食事のバランスが運動に対して
食事の摂取カロリーが上回っていたら脂肪がつく
遺伝によって食べても太りにくい人も居れば、太りやすい人も居る。
万人受けするダイエット方法などは無いので、体調管理や体質を把握しておかないと破綻する。
結局痩せる為には脂肪の蓄積の元になる糖質を下げればよいというのが2014年時点の見解だろう。
筋肉鍛えても脂肪の燃費は上がるのでやせられる。ダイエットとボディデザイン専門の専属トレーナーによるパーソナルジム筋肉を鍛えるのは脂肪の燃費を効率よくするためだ。

痩せる食事

牛肉

スーパーで購入した牛肉

鶏の肉

鶏のモモ肉
鶏のモモ肉

ムネ肉
ササミ

豚肉

豚肉の写真
豚肉の写真

豚肉料理は濃いめの料理が多いことに注意が必要。
ダイエットの為には味付は軽めの物がお勧め。

ポイント
ひき肉やハンバーグのような加工食品にはつなぎとしてパン粉など小麦が混ざっていることが多い為ダイエットには不向きです。

野菜

葉野菜全般
根菜や実の野菜は炭水化物量が高い為NG

各種ビタミン、食物繊維などが摂取可能。

ブロッコリーの写真
ブロッコリーの写真

『ダイエット』カテゴリーの記事