高校卒業資格が短期で取れる?
高校卒業資格「ディプロマ」を短期間で取得
日本は義務教育が小学校と中学校だけであり、高校に限ってはいかなくても良いのが法律の上での定義だ。
しかし社会からみると異なり、最低でも高卒以上という最低学歴を定めている会社はゴロゴロみている。
これは一重に高卒を最低限の区切りにすることは、例えば大学に進んでも卒業しない人もいると思われるので、高卒が最低ラインで定めているものだと思われる。

しかし片方では、80年代90年代においても、高校に進学できない世帯はいただろう。学費だ。

公立でも月に1万円ちかくかかり、私立になると数万円~の月額の授業料がかかる高校というものは、子供が多い世帯にとってはなかなか厳しい額だったと思う。

2008年度ごろの民主党政権下で高校の授業料無料化などを取り入れていて2012年度の自民党の与党返り咲き以降も高校の無料化は、引き続き、公立は無料で私立はいくばくかの補助が支給されているようですが家庭の事情で進学できなかった人としてはムキーってなるとろこですよね。

高校卒業というものは特別なスキルをもっているわけでもないですし、重宝される同機はどこにもないですが、社会と学校の矛盾もさることながら、ものさしとして使われていることは事実なので、本当世の中、渡り歩くのはつらいばかりです。
高校卒業資格「ディプロマ」を短期間で取得
最近では専門学校や、各種スキルを取得するのに高校卒の資格が必要だったりするので、需要はあるのかもしれませんね