靴選びで困ることが本当に多いのです。

  • サイズが無い。
  • すぐに痛んでしまう。
  • 雨にぬれると靴の中がびちょびちょに・・・。
  • 靴箱に入れておいたらカビが・・・。
  • 普段必ず履く生活の要の靴ですが、とにかく靴に関する悩みはいろいろと意外な時に起きてしまうものなのです。

    これらの解決方法なども考えた上で、靴に関する情報をまとめてみたいと思います。

    靴選びのポイント

    靴を購入したのにサイズが遇わないと
    ネットショッピングだとげんなりしてしまいます。
    ここで便利なのがAmazonです。

    Amazonが便利な理由

    靴の種類が日本一。ECサイトの巨人Amazon(アマゾン)が運営する 
    靴と鞄とジュエリーの専門サイトとしての姉妹サイトがJavari(ジャバリ)です。

  • Javari(ジャバリ)は、翌日お届けが無料で可能です!
  • サイズ違いでも返品が無料で可能で手数料も返品送料も一切かかりません。
  • 注文したけど履く機会が無かった靴などは、365日間返品可能!
  • 便利な靴検索機能

  • 足のサイズが大きい人がネットショッピングで困る、靴のサイズ指定で絞込み検索が可能です!
  • 靴の種類、(パンプスやショートブーツ等)の条件も複合検索が可能です。
  • 色も同時に 複合検索が可能です!
  • JAVARIはAmazonに統合されました。

    靴選びのポイント

    靴選び靴のサイズ以外で意外と重要なのが靴の幅です。
    サイズ自体は大抵あってはいても、靴幅が狭いために遇わないどころか履けないといったケースが多々あります。
    靴のサイズだけでなく、何Eといったサイズの靴幅がどれが適したものか把握することが重要なぽいんだったりします。
    靴幅: 2E や3E等

    靴の捨て寸とは、

    捨て寸というものがあり靴にはつま先にゆとりを持って吐くのがよいケースもあります。先がとがったタイプのデザインの靴などでは、捨て寸を考えた上で靴選びを考慮しないといけないために、慎重にサイズ確認が必要だと思います。