送料も返品も無料というとjavariだったのですが
2014年に姉妹サイトだったアマゾンと合併した為
今ではアマゾンで靴を買うのは間違いなくお得です。

本当に返品が無料で可能なのか?

送料も返品も無料というのは怪しい!!」と疑う人もいるかも知れません。
しかしながらAmazonは日本でも最も売り上げだかがあるECサイトですし
「お客様を世界で一番に思っている会社です」と堂々とmailに記載する会社です。

基本的によっぽど非常識なことを購入者がやらない限り
返品すると返金してくれます。

Amazonで返品できない事例

  1. 実際に使用した場合
  2. 破損したりタグを紛失したりした場合。
  3. 返品無料の製品でない場合。
  4. 返金方法は決済による

実際に使用した場合というのは、外で履いたり実際に使った場合です。この場合はAmazonが発送する靴でも返品保障の対象にはなりません。室内で試し履きして靴のサイズを確かめる程度であれば返品対象です。

Amazonで返品と返金の注意すべきポイント

  • 破損したりタグを紛失したりした場合というのは
    最近は箱のダメージや内容物を欠品したりタグが外れてしまうなどして
    新品の到着時の状態を保てない場合は返品対象外になります。
    ファッションも最近では返金対象が厳しくなってしまったため購入時には一度返品ルールを確認しておくことが望ましいでしょう。
  • 返品無料の製品でない場合という事例はAmazonの靴に関してもアマゾンが発送する靴ではなく店舗が発送する靴に関しては個別の保証内容の事例になってしまいます。マーケットプレイスと呼ばれる出品(販売方法)ですが、購入時にはAmazonが発送する製品であることを確認しておくべきです。
  • 返金方法は決済による:基本的には返金方法は、決済ごとによる返金処理になります。クレジットカード決済だと決済額がそのまま返金されますし、Amazonのポイント(ギフトカード等)であれば、ポイントが購入IDに返金されます。

Amazonは怖い?

Amazonを批判する人は結構インターネット上を見ていると見かけます。
マーケットプレイスに出品などは多々ありますが、中にはトラブルを起こしてアマゾンに愛想がつきたり、
アフィリエイターなどでAmazonに拒否感を出す意見が殆どで、基本的にはアマゾンと提携関係にあるケースが殆どです。
後はグローバル企業という点で税金をどこの国に納めているのかという事で槍玉に挙げている論調が一部で存在する程度です。こういうことを言い出すと、GoogleやLINEも外国の会社なので、論点がずれてきます。
購入者の場合でも大量に予約注文していたものをキャンセルするという非常識な事例が殆どで一般的な購入のトラブルは殆どみかけません。
基本的に普通の購入であれば、普通にまっとうなサイトで返金対応などで揉める事例は存在していないので安心して購入可能です。

その他 通販可能な靴ECサイト


ABC-MART

常時5000点以上!足元からライフスタイルを提案する靴のセレクトショップ

ABC-MARTは他の靴屋では取り扱っていない海外ブランドなどが存在するのではずすことが出来ない靴ショップです。
送料は、全国一律440円(離島除く)。
ABC-MARTは5,000円以上お買上で送料無料になります。(キャンペーン期間中)
返品・交換をご希望の場合は、商品が到着してから8日以内に返品用メールで対応可。