インターネット通販とクレジットカードは欠かすことが出来ないサービスです。

日本では現金決済が最も主流な決済方法で欧米ほどクレジットカードの保有率は高くないのですが、
インターネットショッピングやインターネットサービスプロパイダとの契約、
各種インターネットサービスの決済を行う必要が多くなってきた事からクレジットカードが無いと困る情況は多くなってきました。
現在では、従来クレジットカードがなくても良かった人でも
クレジットカードが1枚は無いと困ると考えている方も多いのではないでしょうか?

クレジットカードの基本

基本的に店頭でよく見かけるクレジットカードは、 VISA・JCB・MasterCardの3種類が存在しています。
これは国際ブランドのクレジットカードで、VISAやMasterCardは、アメリカの2大ブランドでVISAが使える店舗ではMasterCardも使える。

JCBは唯一の日本のブランドです。地方ではJCBしか使えない店舗は多い。
基本的には、小額すぎる決済だとクレジットカード決済が利用不可能な店舗が多いですが、チェーン展開している店舗で最も多くみかけるのはVISAではないかという実感でしょう。

これらのブランドを発券している会社が異なるだけで 銀行系の金融機関や楽天市場や各種飛行機など、様々な会社がクレジットカードを発行するサービスを提供しているのが実態です。

クレジットカード決済は怖い?

リポ払いはやめておけ!
クレジットカードの支払い形式は基本的には一括払いのみがお薦めです。
クレジットカード会社や契約内容で、色々な支払い方式が容易されていたりしますが、この支払い方式を誤るだけで、カード地獄に陥るリスクが潜んでいます。
もしもクレジットカードの契約に慣れていない人は、今一度クレジットカードがどういう特徴があるのか把握することが必要です。

クレジットカードの不正使用が怖い?

基本的には、クレジットカードの保障は、他の決済サービスよりも保護されやすい仕組みがとられています。
よほど利用ユーザーの過失が無い限りは、銀行決済を行うよりも返金率は高いのがクレジット決済の特徴だどいえます。
この理由として、引き落とされるまでに期間があるということ。

カード会社とECサイトとの決済は別ですので、カード会社が保障してくれる。
(銀行振込みや、他決済サービだとユーザーとECサイトの即決済であるため他の会社の保障の担保が無い事)

不正使用に関してはクレジットカードは銀行預金などと比較しても、割と保障されやすい印象が強いです。
銀行振り込みで一度振り込むと、振込先の任意でないと返金はされませんが
カード決済に関しては、クレジットカードの保障か、あるいはトラブル内容によりけりで保障されるので下手なリスクは抑えることが可能だともいえます。

クレジット決済でポイントも溜まる

クレジットカード決済だとポイントが溜まるサービスが多いこと。
楽天カードなどだと楽天ポイントが溜まりやすいクレジットカードサービスになっています。
Amazonマスターカードなどもクレジット決済で、ポイントが溜まるサービスになっているようです。
他社だとマイルが溜まるカードや、Tポイントが溜まるサービスなど各種様々です。

クレジットカードがもてない人

クレジットカードが色々な事情で保有出来ない人もいるかも知れません。
代価サービスとしては、デビットカードがあれば、クレジットカードと買い物では、ほぼ同等に決済は利用することができます。
楽天銀行のデビットカードやスルガデビットカード、東京三菱UFJ銀行のデビットカードがメジャーなデビットカードサービスです。

クレジットカード カテゴリーの記事