ホームページを作ったけどアクセスが無いと売り上げはゼロだ。
この為にはホームページを作っても正しい集客方法を知らないと
いつまでたっても只の箱物に終る。
会社で運営する飾りだけのWEBサイトは何の価値もない。
店舗サイトでも、実際に作ってみたけど、名前で検索しても一向に出てこない。
有るいは3ページ目じゃないと無い!ということではいつまでたっても稼ぐことは出来ない。

インターネットで集客する

    ホームページの集客方法は

  1. SEO(検索エンジン最適化)
  2. 広告(PPC広告やASPの広告、スペース広告など)
  3. メールマガジン
  4. ソーシャルサービス
  5. 等が揚げられる

SEO

SEOは検索エンジン最適化の意味。
集客で使う場合には、検索エンジンから訪問者のトラフィックを獲得する方法
普段、誰しもがYahoo!やGoogle検索で、単語で検索するだろう。
その検索結果に表示されるようにならないと話にならない。
検索結果の上位に入ると、キーワードによるが、
1ページ目の1位2位あたりの集客できる数と、2ページ目以降では雲泥の差があり、かなりの激戦区。
日本では実質Google検索エンジンをYahoo!Japanも導入しているため、
グーグルのアルゴリズムが変わることで、集客数が激減したり、増加することになる。
電話営業で必死なSEO業者などを利用するのは絶対お勧めしない。
上質なコンテンツ記事とはについてGoogle検索エンジン最適化について。
1にも2にも記事コンテンツ作成が求められる。
その次に記事内容の改善。
内部コンテンツのSEO対策は、既存のテンプレートを導入する前に、SEO最適化されている雛形を用いたほうが楽です。
SEOカテゴリーの記事

広告

インターネットから広告を掲載して集客する方法。
デメリットは費用が発生すること。
PPC広告をお勧めします。
インターネットでは、集客方法に最大の効果を発揮するのが広告だ。
PPC広告ならクリックされた分だけしか、費用はかからないのが最大のメリット。


クリック単位で金額が掛かる広告がPPC広告(ヤフーやグーグルアドワーズ等)

ハードルが高いのはASP広告
ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダという広告出稿専門のサービス。
ASP広告などに出広するよりも固定費用が掛からず、広告費が少なくて済む。
ASP(アフィリエイトサービスプロパイダ)は、月額広告費と売り上げに対する費用が掛かる。
コンバーション率を上げたり色々と工夫しないと赤字に陥りやすい。
最初はPPC広告から始めるのが堅実だろう。

メールマガジン

今でも一応有効なのはメールマガジン。
mailアドレスは重宝されるが、開封率や実際に読んでURLを訪問してくれるか否かは難易度がある。
販売するためのメール内容の場合は、メール送信の法律のこともきちんと理解してないと、
賠償金は法人だと結構なガクになるため要注意が必要。(知らなかったでは遅い)
出会い系サイト等は、スパムメールを大量によく送り続けていられるものだと思う。
(あーいう真似しているとロクなことにはならないので気をつけましょう。)

ソーシャルサービス

twitterやfacebookなどのサービスから訪問者を獲得する方法。
(他にも、はてなブックマークやPinterest 等多数)
フィード垂れ流しで半自動とかだと殆ど効果は無い
各種サービスに投稿する内容は、コツコツ手作業で創意工夫が求められる。
事例によりけりですが、ソーシャルからのアクセス数の方が検索エンジンからの訪問者よりも多いという媒体は結構存在している。
バイラルメディア(バズメディア)等のサイトは、大半がソーシャルからのアクセス獲得が主体。
ただしこれらは万が一ソーシャルメディアの各々のサービスが終了した場合にはトラフィックが枯渇する危険性が付いて回る。
Googleが倒産するリスクよりも、facebookやTwitterの方が歴史も浅いからだ。
1に検索エンジン、
2にPPCなどの広告
3にソーシャルメディア
という順位で集客方法は考えておいた方が良い。
ソーシャルメディアからの集客は補助的なもので、それをメインに考えると、いざというときに痛い。