WEBデザインでホームページ作成を行う場合
幾つか基本的な要点を踏まえてないデザインのサイトは、
ただそれだけでも自己満足の物になりがちだ。

ここではサイト作成の注意点について紹介。

WEBデザインに求められるもの

サイト作成でたまに奇抜なデザインで公式サイトを作っている事例を多く見受けますが、
WEBサイトに求められるものは見栄えなどではなく、わかりやすさが重要だ。
テキストが読みやすいフォントと大きさで記載されており
音声など、ページのどこにあり、いきなり音がなったりしない作り。ON・OFFが解りやすい事、適切な音量で再生されるようにする。
リンク先がどういうページに繋がっているのかわかりやすい配慮など。
これらをふっとばして作られているサイトは見ていて腹が立つ。

色調

世の中には、色弱な人が存在する。
その割合はというと、クラスに一人は存在する比率で存在している。
その比率は男性だと20人に一人ともいわれている。
これだけいるのに、気づかないのは、該当の人たちがあまり主張しないことが大きい要因だと考えられる。
通常の人の色認識と異なることに当人たちは普段暮らしている時には気づかないし、他の人も普通に接している分には気づけないのだ。
色が正しく認識できない状態。
これは人によっても差があり
何型と呼ばれる分類でも見え方は大きくことなる。
青色や緑、赤色などが認識が正しくできない状態が多く
デザインするうえではリンクやフォント、背景などが色認識に弱い人でも解りやすい配色を心掛けたほうが良い。
30人に一人居る過程で考えると
1億人の中には300万人は、色を普通に認識できないのだから。

Windows10のここが許せない(日本語の文字(フォント)が変)