炭水化物抜き制限のダイエットなどを調べていたところ、
大豆⇒アーモンドにちょっと興味を引かれた事と、
流石に3ヶ月も煎り大豆ばかり食べていると飽きてきたのでアーモンドについても調べてみた。

スポンサード リンク

糖質はどの位なのか

アーモンドの糖質 アーモンド 100g中 9g程度となっている。
煎り大豆で、100g 中 糖質11g程度なので ほぼ同じ程度か。
アーモンドに含まれている糖質は気になる量では無い。
ただアーモンドの摂取目安が色んな記載を見ると1日23粒~30粒未満という記載が多い。
これだと大体製品の差にもよるが、1粒1g(グラム)程度なので、粒数= 合計グラムという換算でよいと思う。

アーモンドの大きさ比較 左4粒が100円ローソン 右の1粒が通販で購入したアーモンド。
アーモンドの大きさ比較 左4粒が100円ローソン 右の1粒が通販で購入したアーモンド。
決して100円ローソンの物を開封して放置していたわけではなく店頭で買ってきたばかりの新しいアーモンドで比較している。しかしそれでもしわくちゃになっていて張りが無いアーモンドに見えてしまう。見た目の違いは、皮が黒ずんでいる風にも見える。これは塩入りか否かの差は大きいかも知れない。通販で購入したものは原材料がアーモンドのみで塩の記載がなく表面のショッパサも無いのだ。

大きさが製品によって異なり、100円ローソンで販売されていたアーモンドの粒のサイズと、ファミリーマートで販売されていたアーモンドとでもサイズが異なる。そして通販サイトで購入したものでは明らかに粒が大きい。長さは同じ程度なのですが粒の太さが明らかに違う。このあたりも栄養素との兼ね合いは異なりそうだ。

アーモンドの栄養素

アーモンドは発毛の成長を促進する亜鉛を含んでいる食材でもある。
各種料理に添えたりも出来るので、アーモンドも優秀なのかもしれない。
アーモンドにはビタミンEが多く含まれておりビタミンE自体は若返りビタミンとも呼ばれているんだとか。

アーモンドに若返り効果?


I/51JUWqQ4dVL._SL500_.jpg” alt=”アーモンドを食べるだけでみるみる若返る! ” align=”right” border=”0″ />

アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!

  • メーカー: 井上 浩義
  • 出版社: 扶桑社
  • 発行日:2014/5/16
  • 1日25粒のアーモンドを食べるだけで肌がツヤツヤ、血管や内臓も元気に!

    「奇跡のナッツ」と呼ばれるほど、多彩な栄養成分やミネラルが含まれているアーモンド。
    その驚くべきパワーをさまざまな実験結果やデータから解説した書籍です。

    著者の井上浩義慶應義塾大学教授は、偶然訪れたカリフォルニアのアーモンド畑で働く農家の人たちがあまりにも若々しく見えることに驚きました。
    50代なのに30代に見えるほどつややかな肌を持つ彼らの秘密を探ろうと、帰国後、アーモンドに関する研究をスタート。

    そして以下のような健康効果がわかってきました。
    アーモンドに含まれるビタミンEがシミ、シワ、たるみを防ぐ
    豊富なミネラルやフラボノイドが肌を美しくする
    必須アミノ酸のアルギニンが成長ホルモンの分泌を促し、若さを保つetc.

    アーモンドを食べるだけでみるみる若返る!

    この本のあらすじだけ見ると大豆25粒食べることで健康に若々しくなれるらしい。
    他にも体重が減ったという記載もある。
    著者プロフィールは『慶應義塾大学医学部教授。医学博士、理学博士。』となっている。

    アーモンドの日

    1月23日カリフォルニアではアーモンド協会という所が、1日23粒のアーモンドを食べる非として指定している日があるらしい。
    23粒の根拠は1日に必要なビタミンEを摂取することができるのがこの量なんだとか。
    まとめて食べるには、23粒は結構な量ですが、試して見たい人は挑戦してみてください。