気温と服装と関係性について紹介します。

日本には四季があるため、湿度や気温は1年間を通して大きく変化する特徴があります。

スポンサード リンク

季節と服装

人口密度が最も高い東京都内を基準で紹介します。

  • 春 衣替えのシーズン3月下旬から5月頃
    薄いジャケットを羽織る程度。
    シャツは、インナーは必要がなくなってくる。
    タイツなどの必要性もなくなる。
    夜間や深夜は冷え込む日があるため軽装で出かけると凍えることもある。
    5月にもなると半袖でも過ごしやすい日が増えてくる。
  • 夏 6月から9月
    この期間は、20度~30度代で気温が推移するため半袖やノースリーブの服装が中心。
    日傘などがないと外出が辛い日も多い。
    梅雨シーズンや台風なども有る為雨具も欠かすことができない。
    熱中症や紫外線の問題が多いため外出時の服装は色々と気をつけないといけない季節。
    カジュアルな格好だとスリッパやスリッポンなど履いたり脱いだりすることが可能な靴やサンダルが重宝されるシーズンでもある。(和装だと下駄など)
  • 秋 9月下旬から~11月都内だと20度~10度位の日が多い
    衣替えのシーズン寒くなり始めると長袖のシャツを用意。
    冬に備えて衣類を大きく変化させる季節。
    ジャケットも10度近い気温だと厚めの生地のものが良いのですが15度以上だと薄手の生地のアウターでも事足りするためインナーと気候のバランスで、適度に衣類は考えたい季節だ。
  • 冬 11月~2月東京都内だと0度~10度代の日が多い
    最も冷え込むのは1月から2月。
    厚手のタイツやブーツなどが必要になってくる。
    セーターやマフラー、手袋なども欲しくなる季節だ。
    真冬になると厚手のジャンバーや裏起毛素材のインナーなどが欲しくなるほど冷え込む日がある
    雪が降る地域の人などは長靴などがないと足元が悲惨なことになる。
    東京で降雪するシーズンは、毎年ぶれがありますが珍しい時だと4月上旬に雪を観測することもある。
    インナーはアンダーシャツの他、女性だとタイツ、男性でもモモヒキタイプのボトムが販売されている。

3月から暖かくなる日が増えてきますが軽装に切り替えるタイミングは実に難しい気候が続く。

季節と服装選びの基準

布の特徴で注意すべき点

  • 保湿
  • 発汗性
  • この二点。
    インナーはシャツなど肌に直接触れる素材は綿が最も使われやすい。
    ウールが保温機能では優れている。
    吸水性に優れているためですが、天然素材であるため長年使用すると劣化してしまうことは否めない。
    ポリエステル等の石油繊維を用いた混合製品の方が乾きやすいメリットはある。