地震の後に原発事故と続いて為替がドル円他外貨通貨がどうなるのかが気にはなっていたのですが。

20110316-0414 ドル円

こんな感じになっていた。

スポンサード リンク

戦後初の円高

個人的には1ヶ月でこんなものか・・・という程度の印象でしかないのですが、長期適にはどうなるのかが気になるところ。
戦後初の円高の3/17日の円高(下げ)がかなり不気味だったのが印象的ではあったのですが、
あそこで仕込んで、決済できた人は、かなりウハウハなんだろうなぁと思うところ。

今後

中国とか韓国は、日本企業の動向に対してマイナスなことしか言っていない発言でメディアで報じているようですが、あれはまぁそちらの企業の利権とかでの騒ぎだとしても、輪番停電と、東北の被害と原発の復興に関する長期的な実際にどのくらいの被害額で、企業の負担と国の税金とかがどうなるのかで、変わってくるんだろうとは思うものの、
円高な状況下から天井目指して跳ね上がってもどこまで跳ね上がるのかが、見えない点でもいまいちマイナスな材料は無い気もする。

国際情勢

輸出入に関する企業の損失がどの程度になって日本の立ち居地がどういう風になるのかが未知数すぎで円の行方がまったくわからないのでこんなときでも普通に判断材料はテクニカルチャートのみですなぁ。
長期的にはこれ以上円高に進む材料はなくなったので、いま長期用にポジション仕込んでてもいい気はするのですが・・・。
どうなることやらです。

鉄板

ひとまずは、利ざやで地道にコツコツですかな。
いつ、どっちに転ぶかなんてのはどんなトレンドでもわかりませんし・・・。