最近では スプレッド 0.5銭~ 等といったFX業者がありますが、スプレッドがここまで極端に狭まったのは2008年からです。
スプレッドが狭いFX口座

スポンサード リンク


スプレッドは実質的な手数料であるため、この幅が大きいと手数料が高いと考えるべきです。
スプレッドはどこのFX口座も大抵は原則固定スプレッドというだけで急激な相場変動時にはスプレッド幅は拡大してしまったりもします。
FXでスプレッドが狭い=利益を狙える幅が大きくなるため、基本的にはスプレッドが狭い口座のほうが利益は大きくなります。

FXで利益を得るためには、基本スプレッドが狭いことと、スプレッドの幅が開き過ぎないFX業者で取引を行うことが良いです。