今まで何種類ものFXチャートを試してきたものの、年月が絶つとFX業者の統合だったり、サービス終了だったりと、使えなくなるサービスが多い。
この為、やはりMT4メタトレーダーが使えない日本のFX口座は価値が無い気がする。

スポンサード リンク

海外ではMT4が主流のツールなのに日本は囲い込みのためなのか、独自のチャート配信サービス提供が多い。
日本のFX口座の大半は、MT4対応していない。 裁量取引のみをユーザーに科しているのが現状。

http://www.metatrader4.com/
http://www.metatrader4.com/

過去に何度がデモトレードや、実際の取引サービスでもシステムトレード的なものが展開されていた時期もあるが無くなったりした。MT4対応のサービスも無くなったりすることが多かった。現在でも海外系のFXサービスで日本法人で使えるところが数える程度あるくらいではないだろうか?
正直なところ日本のFX業者がいつまでたってもシステムトレードを導入しなかったことは、やる気の無さとしか感じられない。
あるいは技術力のなさの裏返しなのかも知れない。

他にも

インターバンク直結謳う口座もすくなくスリッページが発生しやすいなど難点は多い。ここ数年でも大きなトレンドが変化して上下に跳ねまくっている為替相場はあるので、いくらレバレッジ20程度制限とはいえ一瞬で証拠金が吹き飛ぶ可能性はあった。逆指値の決済が間に合わないことが一番のリスクでしかない。
海外のFX口座では普通に100倍とか200倍といったレバレッジの口座が多々あるのに日本くらいなのではないだろうかと思ってしまうレベル。日本の金融サービスは根本的なところがおかしい気がして為らない。