FX業者はFXというサービスが一緒であってもそのサービス内容はことなってきます。

FX取引スタイルや目的に応じて、FX口座(業者)を使い分けることで効率的なFX取引が可能になります。

スポンサード リンク

  • 約定力
  • スプレッド(売値と買値の値幅)
  • スワップ金利
  • テクニカルチャート
  • 取引手数料
  • 約定力

    FXで勝つために、一番重要なことが約定力です。
    FXは価格が滑って約定することがあります。

    このことは諸説ありますが、もしあなたが使っているFX業者か急変時にとてもスプレッドが開いていたり、かなり大きい額で約定してしまうのなら、確認するのにもっともよい方法が、
    相場が荒れているときにFX口座を2つの業者同時に開いていてテクニカルチャートとレートを比較してみるのが一番わかりやすいです。
    荒れ相場であったとしてもFX業者によってその幅が大きく異なることがあります。
    ひとまずスプレッドが簡単によく開いているFX口座を使っているのならFX口座は変更したほうが無難です。
    FX口座比較

    スプレッド(売値と買値の値幅)

    売値と買値の値幅 この価格の幅が FX業者の利益(実質的な手数料)になります。
    この幅が狭いほど利益を狙える機会が多くなります。
    スキャルプトレード・デイトレード・短期売買等の、取引の場合は最も重視するポイントです。

    テクニカルチャート

    FXの取引でトレンド(相場の流れ)を判断するのに必要になります。
    FX業者によっては一定基準を満たした場合に使えるテクニカルチャート等もあったりします。

    PCにソフトをインストールして使うものか、webブラウザで開いて使うもの2種類があります。

    単純に基本的なテクニカル分析とローソク足等の基本的なテクニカルチャートのみのものから、
    多様な分析チャートがついていたり、
    画面構成を変更・保存できるもの。
    テクニカルチャートから売買注文が可能なものなどがあります
    システムトレードのツールも最近は増えてきました。

    取引手数料

    世界的にもFXは手数料が無料なことがとうぜんだそうですが、実施的にはスプレッドが手数料の代わりを果たしています。

    国内でも、証券所取引以外の店頭取引では、2007年後半位から手数料無料の口座が増え始め、現在は取引手数料0円のFX口座が主流です。
    取引手数料がかかる場合は、税率などのその他のメリットがない場合は、あまり利用する機会は無いと思います。

    スワップ金利

    (2国間の金利差益 FX業者によって異なる)
    長期投資でスワップ金利重視なら、スワップ金利が高いほうがお得です。この場合は、スプレッドはあまり気にしなくても利益を狙うことができます。
    ポジションを決済しなくても、スワップ金利の差益が証拠金に繁栄されるかどうかも重要なポイントになります。

    売りポジションで日をまたいで保有する場合は金利の支払いでマイナスがでるのでこのことにも注意したいです。