カプコンというとバイオハザードやモンスターハンターが人気タイトルのゲームメーカーですが、カプコン 買収危機よりも深刻な「ソフト不足」新作タイトル用意できず。
6月の株主総会で会社提案の買収防衛策を否決とE3で新作タイトルなしということで失墜感だけがあるとのこと。

カプコン、買収危機より深刻なソフト不足

2014.7.23 17:06 (1/2ページ)

カプコンといえば、6月の株主総会で会社提案の買収防衛策を否決されたことが波紋を広げた。

総会と同じ6月に米国で開かれた世界最大のゲーム見本市「E3」で、目立った新作ソフトをついに発表できなかったことだ。

目立った新作ソフトが無いことが期待外だったらしい。

 ファンの間では「バイオハザードの新作か」との期待も高まっていただけに失望が広がった。海外メーカーは大作ソフトを多数発表しただけに、カプコンの存在感低下が際立った。

以下2ページ目より

しかし、カプコンは小規模のダウンロード専用ゲーム以外にまだPS4でソフトを出せていない。

モンハンは、海外での人気はそれほど高くなく…

カプコンが海外でのPS4の売れ行きを見誤った可能性も指摘される。

ソフト開発費が高騰する中でカプコンだけが見誤りというのもちょっと変。

カプコンは技術力で欧米メーカーに勝負できる貴重な存在で、実際に欧米にファンも多い。

欧米にファンが居たとしてもXbox圏内だしなぁ。

今年度中にスマートフォン(高機能携帯電話)向けなどにモンハンを初めて中国で配信する。

中国は違法ソフトばりばりなイメージしかないしBOT業者とかも大半中国系だったりしそうなのであまり期待できない市場だ。

モンハンは海外での人気はそれほど高くなく、このままでは国内でしか売れないメーカーになる恐れがある。


最後に売れられているのはアメリカ以外の海外ということだろうが・・・

お勧め記事

【ゲーム】Yahoo!モバゲー
ネットゲーム 課金
セーラー服おじさんが今度はゲームにwwwwwwwww
日本の美少女ゲーム終わる?海外製萌えゲームが日本と同等レベル?