太った体形の男性のお腹
メタボ体型の中年男性は街中を歩いていると多く見かける。
女性でも極端に太った人をまま見かけることが多い。
ここまでお腹が出っ張った人が、何故多いのか?

スポンサード リンク

太った人のデータ

太ったお腹をメジャーで計る男性
国民健康・栄養調査によると、
40代、50代の半数以上が腹囲85cmを超えるメタボ体型と言われる。
男性は、ウエスト85cm以上。
女性はウエスト90cm以上がメタボです。

メタボリックシンドロームの診断基準
メタボリックシンドロームの診断基準 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu/pdf/ikk-j-07.pdf

太る原因

  1. 糖質過多。(炭水化物の食べ過ぎ)
  2. 摂取カロリーに対して運動量(消費)が足りていない

1.糖質過多は、ご飯やパン・麺類を食べ過ぎると内臓脂肪や皮下脂肪として貯めこまれる。
糖質を絶ち、肉食(たんぱく質)と葉野菜主体の食生活に移行すれば健康的に痩せれる人は多い。

2.摂取カロリー:糖質を食べ過ぎていても毎日バリバリ肉体労働していて筋肉がしっかりついており運動の消費カロリーも高ければ太らない。
現在の都市部の人でビジネスマンなどは、電車通勤やビルなどでのデスクワークが多かったりするため、太りやすい。
サービス業で立ち仕事や歩き回る仕事をしている人は運動量が多いといえる。


メタボのリスク

生活習慣病
メタボの害として代表的な物が、糖尿病
一度発症したら治らないとされている。
最悪失明の危険。足などの切断しないとならない事も。

動脈硬化などのリスクも高くなる。

お腹の脂肪は負の遺産というよりも爆弾を抱えているようなものだ。
血糖値が上がることで様々な弊害が起こることは判明している。
それでも太り続ける飲食を継続することは無謀としか言いようがない。


糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」