2016年年末ジャンボ 当せん番号決定と発表されたらしいのですが、
年末ジャンボが販売されていたことすら知らなかった。
あまりジャンボ宝くじには関心がないんだよなぁ。

スポンサード リンク

第704回全国自治宝くじ(年末ジャンボ)当せん番号案内

第704回全国自治宝くじ(年末ジャンボ)
年末ジャンボ宝くじ
第704回全国自治宝くじ当せん番号
抽せん日:平成28年12月31日
会場:赤坂ACTシアター
支払期間:平成29年1月5日から平成30年1月4日まで
https://www.mizuhobank.co.jp/takarakuji/tsujyo/jumbo/0704.html

『年末ジャンボ宝くじ』当せん番号決定

【1等 7億円】104組167038
【前後賞 1億5000万円】1等の前後の番号
【組違い賞 50万円】1等の組違いの同番号
【2等 1500万円】下1ケタ9組180947
【3等 100万円】各組共通182421
【4等 1万円】下3ケタ382
【5等 3000円】下2ケタ98
【6等 300円】下1ケタ8
(オリコン) – Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000311-oric-ent #Yahooニュース

Yahoo!ニュース眺めていたらたまたま目に留まった。
1等前後賞合わせたら10億円なのか…。
ぶっとんでるな。
10億といわずとも7億も当たったら
払い戻しが開始されるまで相当期間があるので年末年始心穏やかに過ごせないと思うぞ。

宝くじの確率

宝クジは何枚買えば当たるのか: やさしい統計学確率論入門

ぬふふぬふふ

ジャンボ宝クジは組数と番号の枚数分の1つの番号と前後なので、たしか1/1000万くらいの確率だったと思いますが。
いつのまにか金額が高額化していることで、現在は1等当選する確率が1/2000万なんだってさ。
これだと2000万×300円=60億のうちの一等7億(前後賞3億円)と考えると、
宝くじ販売している全国自治体はウハウハでしょうね。


ジャンボ宝くじは、前後賞いれても分は悪いとおもう。
確率だけで言うと、bigの方が良いという理屈もあるようですが、
結局パチンコの還元率から考えると全国自治宝くじは最初から分が悪いのでした。

2015年年末ジャンボ宝くじで1等当てた画像を投稿したTwitterのツイート