漫画やライトノベルで異世界転生ものが増える理由について記しておく
90年代とかにも異世界にいっちゃうような漫画・アニメ作品はちらほらありましたが
最近のラノベ系作品からの異世界転生ものの反乱は少し多すぎる。

矛盾

例えば完全なファンタジーだと、世界観や物理法則・法律など様々な面を考えないといけない。
これを異世界から来ましたというチート設定で
後出しでオカシイじゃないかと突っ込まれても作者が言い訳(補正)できてしまう。
安易に異世界転生ものに走ると粗が目立つことになるため好ましくない。


宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 3 (MFC)

良い点

    実際の知識からの幅が利かせやすいことで創作はしやすいこと。

  • 現実と
  • 異世界と
  • 言う二重取り設定が可能なため幅が広がる。

現実と異世界を行き来する世界観でなければ、多少の矛盾もごり押しできてしまう。
逆に行き来できる世界観だと縛りが多く出る。文化レベルや言語、服装、人種など。
日本だったらまだしもアメリカ(銃社会)や、アフリカとかだと目も当てられない可能性が起きる。
※日本基準で大抵の作品は構築するでしょうけども。
浅い知識で主人公がどや顔キメている作品多すぎ。
巧妙に現実の知識とフィクションの創作で巧妙に作られた世界観の作品は無いことは残念ではある。

デメリット

異世界に行けちゃうものが乱立している性でどれも似たり寄ったりで抜きんでている作品が無い事。
異世界じゃなくてもタイムトラベル的な作品もあったりするが、これも難百年も前だったりするとほぼ異文化なわけで。
(例えば日本であったとしても時代が違うと話ことばも変わっている為現代語では通じない可能性が有るがそのあたりは厳密には再現されない作品が圧倒的に多い)
GATE 自衛隊は異文化の魔法国家に行く世界観ですが一応言語の壁は徐々にコミュニケーションとる事で翻訳して会話できるようにしていたりはしますが、これも稀有なパターン。

衣類なども何カ月も同じもの(例えば制服など)を着用しているのも変。
普通に血とか埃をもろにあびるファンタジー世界で洗剤も現在ほど無い空間だろうに、長々と同じ服装を堂々と行っている漫画など実に萎える。替えの用意もそもそもないだろうに。乾燥機でも背負って暮らしているのか?

異世界転生ものが飽きられる要素

異世界転生ものが必ずしも駄目だとは思いませんが
似たり寄ったりの個性が無い作品が乱立しすぎていることは致命的な欠陥に思える。

    異世界転生ジャンル

  1. 俺つぇー(主人公無双)
  2. ハーレムもの
  3. 料理もの
  4. 道具特化か
  5. 大抵数パターンに分化しているだけで、あまり魅力的な内容が無かったりする。

良い作品は無いのに漫画本だけが乱立する現在

純然たるファンタジー作品は減っている。(無いわけではない。)
SF作品も減っている。
全部を作者が考える作品が減っており、ファンタジー・異世界転生もの含め『どこかで見たような二番煎じな作品ばかりが増えている』気がしてならない。
「絵」とかだけで考えても
抜きんでている作品があったりすることも無いので実に今の漫画の本数だけ乱立社会は変な気がしてならない。
漫画本買う層も少子化で減っているはずなのに漫画雑誌とコミックの数だけは異様に増えている感じがする。
WEB漫画サービスが増えている事。
web連載で作品本数だけが乱立している事は、個人誌レベルの作品がバンバン放出されているだけのように思える。

book-station

書ける人材が減っている

出版ノルマに追われて……ライトノベルは「編集者の代筆が当たり前になっている」という惨劇

 毎月、多数のタイトルが出版されているライトノベル。その勢いとは裏腹に、崩壊の兆しが見え始めている。もはや、まともに書ける作家が“枯渇”しているのである。
2018年2月14日 22時30分 日刊サイゾー http://news.livedoor.com/article/detail/14302269/

今時文筆に時間かけて考える人はそりゃぁ減っているだろうな。
動画サイトも多くソーシャルゲームもたくさんある中で娯楽の変化は大きいと思う。
こういう背景でライトノベルが廃れていくのは目に見えている気がするのだが。
そもそもライトノベルってコンテンツとして魅力的なのか?という事が最大の問題だと思う。
サウンドノベルのようなゲームも存在していることでラノベ一本で勝負するというのは原作としてはありなんだろうけどもうま味がどの程度あるのかそもそも疑問だ。
アニメ化とかも序盤だけだったりするし、そもそもアニメ化されるのがほんの一部だったりもするので。

社会経験の無さ

ファンタジーとは言え、リアル要素書くなら実態社会に基づく知識は必要不可欠だと思うのですよ。
仕事を伝えることの重要性
職場環境のコミュニケーションの特異性
会社組織の特徴など
仕事を請け負うという事の責任の乖離
なろう系作家の人って割とニートまがいの人たちがなっているか
社会に出ても中途半端な経験しか体験していない人が作家になっているのではと思える作品しかない。
変にオフラインの事情出すとぼろが見える点など実に痛々しい作品が多い。
二度目の人生を異世界で アニメ化中止の原因
ご都合主義もここまできたかと思える設定の作品も多々見かけるしバカ×バカでとことん異境のジャンルを築き上げている気がしてならない。
web検索でちらっと調べて 書き綴った内容とか簡単に看破できるし薄さの補強でしかない墓穴である。
WELQ問題の漫画版といえる二次創作だろう。


宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(7) [ すずの木くろ ]