去る2012年7月18日に日本と韓国に同時にGoogleのアルゴリズム通称パンダアップデートが適応されたらしいですが・・・

なんというかね。
がっかり。

Google 検索が、高品質なサイトをよりよく評価するようになりました

Google はこれまで 良質なサイトをユーザーに届けること に力を注いできました。その一環として、2011 年には、通称”Panda アップデート”と呼ばれる アルゴリズムの変更を 英語 や その他多くの言語 において実施しています。この”Panda アップデート”はこれまで日本語や韓国語など一部の言語では実施されていませんでしたが、本日 Google は、日本語、韓国語でも実施したことをお知らせします。

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/07/google.html

高品質なサイトが出てくるなら・・・

高品質なサイトが出てくるなら歓迎だし、どういうサイトがGoogleが考える、高品質なサイトなのかは未知数なので見てみたい物ですが。

が、しかし


https://www.google.co.jp/

  • 銀座 寿司検索結果
  • 浅草+寿司 だと1P目が悲惨でした。1ページ目の上半分がGoogleMapのデータで、下半分が食べログという検索結果・・・
  • 食べログが占拠してるぞ・・・検索結果www。

    まぁこれがいつからなのかは知りませんが。
    (たまたま何か別の要素と重なっただけでしょうけど・・・。)

    一過性のバグか何かだと信じたいですが・・・はてさてどうなるやらパンダアップデート。

  • google検索結果が食べログレビューに埋め尽くされてる件
    http://blogos.com/article/43438/
  • ひどいよGoogle。

    yahoo.だとフィルタで、多少は緩和されるのかと思ったら意外と 食べログだらけだったorz
    http://search.yahoo.co.jp/ イル・フィーゴ での検索結果
    うーん。まぁ実質Googleだし仕方ないのか。

    ペンギン+パンダ対策

    ペンギンアップデートとパンダアップデートがたった2ヶ月間で襲来した日本の検索エンジンにおいてあたふたするばかりですが、ここ2ヶ月間いろんな検索結果をみていると、

  • コンテンツ(文字数)が多いから上位表示しているというわけでは無い物や(リンク集のようなページが1P目の1番目だったり)、
  • 被リンクが多いから上位表示しているというわけでも無い物や、
  • ドメインのPRが高いから上位表示しているだけのようなものや、
  • 被リンクのドメインのページランクが意図的に?高いものからリンクを掲載されている
  • といものなど実に様々不気味なものがある。

    検索結果がまともに高品質なコンテンツを提供しているとは思えないものの、今後どうあるべきなのかは、引っかかるところ。

    後、ここ最近急激なはてなブックマークがついているサイトとかもほとんど効果はうすいのかなぁという気がしないでもない。(前から、はてぶ自体は、はてなから直接トラフィック以外は見込めないともいわれていましたが・・・・)
    現状のソーシャルブックマークの効果はどんだけなんだろうねと思う。

    むしろ現在では、ソーシャルメディアの拡散率が高いほうが今は効果大なんだろうか。

    オーガニックリンクの数と質が最強なのはもちろんとしても、そもそも最低条件人に見られるトラフィック集めから、考えないといけない気がしないでもないのでした。
    無人のページにナチュラルリンクが張られるはずは無いので・・・。

    ただ日本って無料ブログが乱立しているので果たして無料ブログからのリンクにどれだけの価値があるのだろうか?という点だけはやや引っかかる要素でもあったりする。