WEBサイトを作るときに便利な選択肢なのが『ワードプレス』ですが、どういうサービスなのかということについて
CMSのWordPress(ワードプレス)について紹介する。

スポンサード リンク

CMSとは?

CMSはコンテンツマネージメントシステムの略です。
WEBサイトの構築やブログ投稿、SNSの機能などを容易に利用できるシステムのこと。
従来の静的なHTMLのサイトと異なり、動的な仕組みで動いているため、
サイト運営者がサイト更新しなくても自動でコンテンツが更新されたりする違いがあります。
例:コメント投稿や、問い合わせフォームの設置等。

WordPress(ワードプレス)について

ワードプレスは、世界で最も多く使われているブログサービスのCMSです。
同様のサービスではMovable Type (ムーバブルタイプ)があります。略称はMT。
違いとしてMovable Typeは有償ライセンスで展開されていたのに対して
ワードプレスは無料で提供されており、オープンソースという形をとっていることから様々なテンプレートやプラグインをいろんな人が作り提供しているため機能が豊富なことがあげられます。

SEO対策は?
WordPress(ワードプレス)は利用者が多いことから内的SEO対策を施されたテンプレート(theme)が色々と提供されています。
プラグインなども追加したりすることで内部のSEO対策が簡単に施すことが出来るという点でもWordPressは他のブログサービスよりも容易に導入できます。
機能面はどうなっているのか?
目的に応じたプラグインが日本語検索でヒットしなくても、英語圏だと利用ユーザーは日本の非ではないため何かしら該当するプラグインが存在することは多々見受けられます。
新しいAMPなどのような機能も次々にプラグインなどで提供されているため最新の技術を導入しやすい面が存在しています。

WordPress(ワードプレス)を使用するのに必要なもの

必須サーバー環境

  • PHP5~のプログラムが使えるサーバー
  • データベースのMysqlが使えるサーバー
  • 独自ドメイン

基本的にはレンタルサーバーで上記の要素がそろっていないとWordPressを設置することは出来ません。

無料ブログのような形でWordPressを利用可能なサービスもありますが、制限が存在したり広告が表示されたりすることもあるためあまりお勧めはしません。
極端な運用するとアカウント停止になることも考えられるため。

mixhostというレンタルサーバーのサービスについて

これからのWordPress

CMSとしてWordPressが最高かというと必ずしもそうではない可能性もあります。
しかしながら世界規模でも利用者が多く日本語圏でも様々人が、WordPressを使用しておりthemeを提供している数も年々増えていますので当分はCMSの選択肢はWordPressのままでよいのかなと思います。

2017年5月19日