行方不明者捜索願いのtweetツイートに関する注意事項
TwitterだけでなくFacebookなどの他のSNSでも注意すべきポイント。
考えられる例
例えばDVなどで『追う人』が、両親や、弟・妹のふりをして、相手の情報を探ることが考えられる。
DVだけでなく他の犯罪加害者という可能性も有る。

通常すべきこと

警察に相談することを促すこと
警察に届け出を出すこと
Twitterで行方不明者を探すツイートを見かけたとしても公式RTする必要はない。
行方不明者の情報はTwitterに書き込むのではなく届け出がされていると思う警察署に連絡すべきだ。

むしろ犯行に加担することになる。
誰かが不幸になる可能性に繋がるのだ。

有りなもの

迷い犬とかを迷いネコの情報・お知らせは公式RTしたりするのはOK
ただし、人の情報に関しては最新の注意を払うべきである。

文字『行方不明者捜索願いのtweet(ツイート)に関する注意事項』
文字『行方不明者捜索願いのtweet(ツイート)に関する注意事項』