rel=”nofollow” とtarget=”_blank” を自動で付けてくれるプラグイン External Links

スポンサード リンク


たまにtarget=”_blank”が付いてないリンクとかが存在すると、いちいちrel=”nofollow” とか、target=”_blank”を個別で挿入するのが面倒なことがあるので、自動でリンクに付随してくれるプラグインの紹介です。

普段使い過ぎていて、存在そのものを忘れていたのですが、
rel=”nofollow” とtarget=”_blank” を自動で付けてくれるプラグインは個人的には
「External Links」というものを利用している。

追加する

追加はダッシュボードのプラグインの追加から「External Links 」で検索したら1番目に表示される。

インストールして次が設定になるのですが。

External Links の特徴

過去2年間くらい利用しているのですが特に問題が起きたことは無い。

全部のページに rel=”nofollow” とtarget=”_blank” が入るのは嫌だ!
というサイトでは、個別記事事には、コントロール出来ないので利用しないほうがいい。

rel=”nofollow”だけ無効 でtarget=”_blank”だけ有効は可能

フッター等にもリンクの条件指定を当てるか、
あるいは投稿部分だけに限定するかは 設定画面で、選択可能。

設定項目は以下

英語で見るとさっぱりなのでGOOGLE翻訳で、日本語化してみたのが以下。


外部リンク設定のExternal Links

  1. グローバルに適用されます
    サイドバーを含め、すべての発信リンクにではなく、投稿やコメントのものとこれらの設定を適用します。

  2. これは「サイト全体」か、「或いは記事部分やcommentの部分だけに付随させるか」の 効果範囲の限定。
    チェックを入れるとサイト全体になると思われる。

  3. アイコンを追加する アイコンの付いた外部へのリンクにマークを付けます。
    注:個々のリンクにクラス= “no_icon”を追加してこの動作をオーバーライドできます。

  4. これを要綱にするとリンクにボタンのようなマークが付く。

  5. 従ってください追加なし
    アウトバウンドリンクにのrel = nofollowの属性を追加します。
    注:個々のリンクへのrel = “フォロー”を追加してこの動作をオーバーライドできます。

  6. これで「rel = nofollow」タグが自動で付随される。

  7. 新しいウィンドウで開く
    新しいウィンドウで外部へのリンクを開きます。
    注:いくつかのユーザビリティの専門家が主張し、これを阻止する、これは訪問者の信頼を損 ??傷する可能性があなたのサイトに向かっています。他のコンピュータ文盲ユーザが常に[戻る]ボタンを使用する方法を知っていないことを強調表示し、そのための練習をお勧めします。

  8. これを有効にすると、リンクに「target=”_blank” 」が付随される

ちなみに当サイト https://nufufu.com/ ではこのプラグインは使用していない。
別ドメインでは利用しているんですけどね・・・。
特定ページでだけrel=”nofollow”が欲しくない場合には使えませんorz
逆にrel=”nofollow”が全記事についててもいい場合は使えるプラグインです。(過去記事にも全部付くので・・)

スポンサード リンク

WordPress
nufufuをフォローする
関連記事

サイト内検索

ぬふふ.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました