WordPressのアドセンス埋め込む事プラグイン『Quick Adsense』の設定について。
基本英語表記だけなのでインストールしても?となるため、解説します。

スポンサード リンク


インストール
https://ja.wordpress.org/plugins/quick-adsense/
ここから。
管理画面から検索すると旨くはっとしなかった為
最終更新:4年前という事なので心配な人は他のプラグイン用いた方が良いだろう。

内容

最初に設定画面を開くとこんな感じ
Quick Adsense Settingの設定画面
翻訳はGoogle翻訳によるものです。

設定画面

Quick Adsense Settingの設定画面
位置で掲載したい場所にチェックを入れること。

Quick Adsense Settingの設定画面

広告タグ

Quick Adsense Settingの設定画面
ここに上記でチェックを入れた個所に広告コードを掲載する。
基本位置は中央の方が良い。(スマートフォンや他端末とのズレを防ぐため)
アドセンスコードとなっていますが、Googleアドセンスでなくとも表示に支障はないので他AD型広告でも問題なと考えられる。
※Adsenseの広告コードだと1ページに多数掲載される場合などは、非表示になったり規約にふれる可能性もあるため、ご自身の判断で掲載数は管理してください。他アド型広告とのバッティングも含む。

アドセンス広告の掲載のやり方

基本的なアドセンス広告の掲載のやり方については、テンプレートに埋め込んだ方が確実だ。
固定ページや投稿記事のみに表示させるのもpageかsingle postに直接貼り付ければ掲載可能なThemeが多い。
ただし記事中に掲載したい場合などはどうしてもプラグインを使った方が楽なことが多い。
プラグインで掲載している限りはテンプレートの交換したり上書きしてもアド広告がそのまま表示できるので管理がやりやすいメリットは否めない。