金ってどうやって稼ぐのか?ということについて。
お金と
稼ぐ事。
この二点について具体的に解説します。

お金について

お金は紙幣や硬貨であり、国が認める通貨の事だ。
稼ぐ為には労働が最も一般的な方法であり、
日本では就業可能な歳は、最低年齢として定められており満15歳とされている。
このため15歳未満の子供は働くことが出来ない。
労働基準法第56条参照
15歳になったからといっても法律では翌3月31日まで働いてはならないとなっている為
義務教育に支障がない程度は働いてはいけないと解釈できる。
15歳になっても18歳未満までは深夜勤務が出来ないなど、制限がある。
20歳未満だとアルコールや喫煙が出来ない事からも当然成人が可能でも未成年が出来ない仕事も存在している。

15歳未満の子供が稼ぐには

基本的に日本では子供が金銭のやり取りをすることを好ましく思わない文化が有る。
アメリカなどのように自由に子供に商売をやらせてみるという体験などの話も聞かない。
法律では家事手伝いなどの小遣いに関する規制は無いので、
自宅の家事手伝いなどである程度お金をどうやって稼ぐなどかは経験させることは必須だと考えられる。

売る

子供でも親の承諾の元であればある程度商売を行うことはできる。
親の口座で株式取引する中学生などのニュースもありますし、
中古品店で買取してもらうにも親の同意が必要ですし、オークションで出品したりするにも親の同意や口座がないとできない。
親の同意が得られない条件下で15歳未満が稼ごうと思っても物理的に不可能なことだらけである。

電子マネーを稼ぐ

サービスと、アカウントにもよりますが、特定のザルなサービスであれば、ある程度の条件下があればポイントサービスや電子マネーであれば貯めたり稼ぐすることは出来そうな気がする。
ただしこれらも15歳未満が行うと犯罪まがいの事を行う輩がバカッターや各種インターネット上で見受けられのでここでは割愛する。

稼ぐ事。

稼ぐ事は基本的には売ることだ。
何かを売るかわりに、報酬としてお金を頂く。
売るものは、「商品」か「サービス」か大抵この二つ。

労働者としては会社に労働力を買ってもらっているのと同様。
教師や警察官、自衛隊も労働力を売っているといえる。
自営業者の場合は自分で物を売っているかサービスを販売している。
投資家ですら、「売る」ことからは避けられない。

楽に稼ぐには?

うまく稼ぐには時流にのること。
ブームを作る側には一般人には不可能だ。
大きな流れに乗る事しかできない。
この点副業禁止や、公務員のように癌時から目の職業だと一攫千金や大金の報酬には遠い仕事だと言える。