『「ブロッキング法制化」結論出ず 3時間半の激論、政府検討会は無期限延期に』という話題。
これは漫画村他数サイトを筆頭に問題になったテーマである。
「著作権侵害」がメインの問題でインターネット接続事業者が対象に定期されている事案。

ブロッキングとは?
インターネットの接続をISPなどがブロックする策の事。
日本では「表現の自由」や「知る権利」の阻害が懸念されている。
しかし一方では未成年のひわいなコンテンツに関して一部では既に行われているという事例も存在する。

何故ブロッキングが必要とされるのか?
特定のインターネット上のWEBサイトで著作権侵害のサイトが多大なトラフィックを獲得したため、被害総額が物凄い金額になったため。
仮にこれらの違法サイトが小規模であればここまで問題になるようなことは無かったのではともいえる。
※厳密には、日本語圏を対象としたこの事案のサイト以外にも著作権侵害の違法サイトは英語圏のWEBサイトにも多く存在している。
それらのサイトに対しての言及は日本ではあまり行われていない。

「ブロッキング法制化」結論出ず 3時間半の激論、政府検討会は無期限延期に

 内閣府 知的財産推進事務局は10月15日、インターネット上の海賊版サイトの対策に関する検討会議の第9回を行った。2時間の会議でサイトブロッキングの法制化の是非をとりまとめる予定だったが、賛成派と反対派の意見が平行線をたどり、会議は紛糾。予定を1時間半超過した3時間半の議論の末、ブロッキング法制化はおろか、本会議の報告書を作成するかすら結論が出ないまま、次回の予定を立てずに会議は終了した。

アクセス数の根拠がない

SimilarWebの被害額は信用できないのか 川上社長が反論

漫画村他のサイトのアクセス数は公開されていないため第三者サイトのSimilarWebを参照している供述が多い。
これは某メディアサイトでもアクセス数がオカシイということで度々問題視されてきた。
当サイトでも明らかにAMPページはアクセス数に悪魔れていないため、実際の数値とかけ離れている数値しか表示されない。
他の人のWEBサイトのアクセス数(PVページビュー)を調べる方法:Similarweb

漫画村の運営者特定

これは今後の動向を見守りたい。
現状でも回避する策は考えられるため、万全ではない要素は多々ある。

文字『「ブロッキング法制化」結論出ず』
文字『「ブロッキング法制化」結論出ず』