アマゾンが年商10億近いといわれていたりする昨今ですが、それでもインターネット通販の事情はジリジリと変化を続けている上に拡大しつづけている。
これは右肩上がりで増えている広告費からも容易に推察できるだろう。
インターネットがダイヤルアップから普及してそろそろ20年くらいになりますが、それでも尚成長している分野だ。
インターネットで販売をするにはいくつか方法がある。
ここでは分かりやすい要点を紹介するとします。

スポンサード リンク

ネット販売するには

ホームページ(サイト)が必要になるわけですが、サイトだけではものは売れない。ショッピングカートや問い合わせフォームも必要になる。
これらをサイト作成の素人から作るのは大変だし、専門のサイト作成の業者に依頼するにもお金がかかる。
普通のHTMLというもので記載されたホームページは簡単に作る事が出来る。
ただしショッピングカートや、問い合わせフォームなどは実に面倒なものなのだ。
最近では決済システムは暗号化などもされていないとセキュリティーの不安もついてくるし、個人情報を入力するサイトが不安な材料しかないと怪しまれる危険性が有る。

こういう事情から初期費用を考えて知識が無くても楽に開始できるのはショッピングモール型の方法だ。

  • ショッピングモール型
  • 初期費用が楽天市場などは何万円以上もするが、Yahooショッピングは2013年10月から出店費用は無料になった。他にもアマゾンにショップが出品するのはコストは安い。

  • 独自サイト型
  • ただし独自ドメインで自前でECサイトを作ったほうが長い目でドメインを育てることができるなどの検索エンジンを考慮したSEOのメリットもある。反面サーバーを高いスペックなどに切り替えたり、メンテナンスや更新には専門の業者の力を借りるか自身のホームページ作成の知識を上げないとあけないので苦労は多い。

    ネット販売サイトはどうすべきなのか?

    2014年現在の時点では、品物を販売するという仕組みだけであれば、Yahoo!ショッピングから始めるのが一番低リスクだとは考えられる。
    ただしYahooで商品を探す人は、あまりいない。
    ショッピングモールのサイトとしては楽天市場の方が大きいのだから。
    この為、万一集客して売りたいということであれば
    検索エンジンから集客するか、PPC広告(YahooビジネスやGoogleアドワーズ)などに出稿するしかないがこれもコストが掛かる。

    決済機能などが簡単に容易可能なPayaplなどのサービスもwebサービスには存在するが、日本ではあまり利用しているECサイトは少ないのがネックかも知れない。
    Yahooショッピングは2次的に考えて公式サイトは別個でWordPressやHTMLのサイトで併用で集客を模索するのも有効な手法だと考えることが出来る。

    オークション


    I/51CwMgoKkeL._SL500_.jpg” alt=”90日間で30万円稼ぐ かんたんネット輸入&販売 ” align=”right” border=”0″ />

    90日間で30万円稼ぐ かんたんネット輸入&販売

  • メーカー: 山口裕一郎
  • 出版社: ぱる出版
  • 発行日:2013/8/20
  • 90日間で30万円稼ぐ かんたんネット輸入&販売
    オークションは1個売れるたびに出品を繰り返さないといけないので、手間が多い。在庫数対応のオークションサービスは日本では見かけないため。
    Yahooo!japanがオークションサービスとしてはトップを
    占めていて次いで楽天オークションだろうか。
    海外サービスで有名どころはeBayなど
    “eBay公認サイト”セカイモン – sekaimon.com
    昔登録してみたことはあるけどつかった事は一度も無いです。
    海外ユーザーをターゲットにするには便利かもしれないですが。