日本国内、主に都市部ではマスクの流行が東京都内では増えていますが、この効果について考えたい。
マスクのイメージ
そもそもマスクは花粉や風邪対策のアイテムであり、普段着として着用するものでは無いのだ。
どうして日本人はこんなにもマスクを好むのだろうか?

スポンサード リンク

カメラ対策

一昔前なら芸能人がサングラスとマスクで顔を隠すようなことはありましたが最近では普通の人も当たり前にマスクをつけている。
何故なのか?

一つは風・花粉対策のためにマスクをすること。
電車などの密閉空間だと、風邪予防の為につける人もいる。
不特定多数の人があの密閉空間に閉じ込められるのだから、普通に電車に乗るだけでも冬場は気がめいるし喉が不調になる事は多い。マスクの需要が増えるのは当然だろう。

  • 1つは3.11移行の放射能問題。
    今でも放射性物質の汚染は報道を目にしないだけで結構な頻度で関東圏・東北では顕在化した問題だ。
    放射性物質は目に見えない+即効果がわからないの、どの程度蝕んでいるのかが解らないうえに、どの程度汚染されているのかもガイガーカウンターを持ち歩いて計測する人はいないと思うため、危険度は今後もしばらくは要注意だろう。
  • 究極の問題

    公共機関などで電車通勤や外食する場など不特定多数の人が携帯電話を手にしている。
    twitterなどで盗撮された写真がアップロードされて炎上になる事例も後を絶たない。
    老若男女がカメラ付き携帯を持っており簡単に写真を撮影できるどころが動画撮影まで出来てしまう。
    こんな状態だと、誰かが撮影しているとも分からない心理からマスクで顔を隠す事は、イスラム教徒の女性が顔を覆う姿を笑えないレベルの日本になってきている。

    快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入:通販


    I/51HIS6xRDML._SL500_.jpg” alt=”サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入” align=”right” border=”0″ />

    サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

    商品説明
    「サニーク快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入」は、ソフトなワイド幅耳紐を採用したウイルス対策マスクです。サイド密着構造で頬・アゴのラインまでしっかりフィット。スキマをつくらず、花粉・ウイルスを含む飛沫の侵入を防ぎます。また、立体空間をつくるプリーツ加工。空間を作ることにより、息苦しさを解消します。
    さらに特殊静電フィルターを採用。花粉・ウイルスを含む飛沫を強力吸着。口元からフレッシュな空気を吸いこめます。使いきりでいつも清潔。お徳用60枚入りです。

  • メーカー: 白元アース
  • 出版社: 白元アース
  • サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

    マスクに効果は無い。

    数年前の、鳥インフルが最初に大々的に注目されたときに、マスクの効果が疑問視された。
    特定のウィルスに対しては相当なマスクでないと、防御できないのだとか。

    使い捨てマスク

    使い捨てマスクが最近では主流で何回も洗って使うようなガーゼタイプのマスクは下火のようだ。ケースに入ったマスクを購入して毎日使うのが多い為か都内の道路・歩道などでよく使い捨てマスクが捨てられている。落としてしまったのかは解らないがその光景を目にするとなんで落としていくのかも疑問視してしまう。
    タバコのポイステ以上に目立つマスクのぽい捨ての心理は如何なものかと思えてしまう。誰が掃除をするのか考えていなさすぎである。