ネット通販の価格についてですが、個人で開始する場合の、通販サイトに関しては、薄利多売は向いてはいません。ですが、世の中には、薄利多売で成功するケースも存在はしています。しかし個人で商売を始める場合には薄利多売で攻める事は、出荷の手間や梱包の作業が多大に掛かってしまう為にどうしても無理が生じてしまいます。

ネット通販では高いものを売る

高いものだとそんな者は買わないと思うかも知れませんが、スーパーよりも、コンビニの方が価格他は高いはずですが、商品はバンバン売れています。他にもディスカウントショップ(ディスカウントストア)などでは食品などはスーパーの価格帯よりも安い価格で販売されている光景も見かけます。一時期100円ショップが全国的に増えた時期がありましたが、コンビニエンスストアが現象したというニュースや情報は聞間線でした。

コンビニエンスストアが存在はしていますが、自動販売機は、コンビニエンスストアの数よりも更に多い数で存在しています。

  • 価格で考えると、
    ディスカウントショップ<100円均一< スーパー < コンビニ=自動販売機
  • といった価格水準の違いでしょうか。

    ネットの通販サイトは、自宅から注文する事が可能です。当然探せば近所に有る製品かも知れませんが圧倒的にインターネットで探すほうが手間も時間も掛からない為に、ネットから注文するのです。

    一概に価格がどのくらいが適当な水準なのかということは言えませんが仕入れ値の30%以下で目指してみると良いのではないでしょうか?

    安ければ売れる、ということに関しては、本当に1円単位で価格.comなどでは、切磋琢磨の激戦を繰り広げているような店舗も存在していますが、これらは有る程度の大手であればこそできる技です。

    製品によっても価格の差はでますが、数百円程度高くても、物によっては別の店で買う機会を作った方が圧倒的にメリットは出ます。
    当然通販では、発送から到着までに時間がかかります。数百円高かろうと、この発送から到着までの時間を極力短く工夫したりしたほうが利用者には便利だと思います。

  • 次記事:ネット通販での集客の仕方