インターネット通販においては、様々な集客方法があります。
しかし広告に出せば見てくれる人が増えて、PV数(訪問者)が増えるので良いとか、SEO対策を始めたり、検索エンジンから拡大して顧客獲得に力を入れる前に、今来ているユーザーに対してだけでも改善すべき要素は色々と有ります。

顧客

通販を開始するには、ターゲットで嗜好が大きく異なってきますので、サイトのデザインなどもそれに沿った形のデザインが好まれると思います。
性別や、年齢層、収入、ジャンルなどでも嗜好や好みが大きく変わってきますのでそれに沿った品揃えやPRの仕方の工夫が必要になると思います。

分析

会員制のシステムを導入していれば、購入履歴やどういったものをお気に入りに追加するかなどといった購買欲求をリサーチすることが可能になります。
アクセス解析などで、把握する。無料のアクセス解析などを用いてもどういう単語で検索してきたのかや、どういうページに関心が寄せられているのかといった需要を調べることが可能なので是非「分析する」という視点も取り入れるべきだと思います。
実際に手にとって商品を見比べる事が出来ないインターネット通販においては、セールスページが、売り上げを左右してしまいます。「訴求力が高いか?」ということが重要になってきます。
例えばよくある例としては、テレビ番組で取り上げられた製品を取り扱っていたショップが放映直後にアクセスが集中したりすることで一気に品切れになってしまうようなケースが多々見受けられます。
これらは需要が過大にあるために売れるのですが、そういうケースは早々置きえないですし、何も工夫しないでも売れる製品であれば、最初から悩む必要はありません。

売れる商品を売れるページで売る。

コンバーションという単語がありますが、閲覧した人の何%が購入するのかということを極力改善することが求められます。これには、仮説と実行と検証の繰り返しが必要で、例えば1つの同一の製品でも、デザインとテキストの文章がが異なるセールスページであるということだけでも売り上げの比率が大きく変わってきます。
このことを十分に改善せずにネットビジネスを繰り返していても、効率が改善する事はありません。

  • 技術的なこと>>ネット通販で使う集客の方法