ネット通販なら、場所も在庫もリスクは最小で済むことは簡単に理解できると思います。

  • 在庫も少なくてもよい。
  • リスクが店舗を構える商売よりも圧倒的にローリスク
  • 初期投資が殆ど掛からない

こういったメリットがあります。

スポンサード リンク


少し前ですと、インターネットでショッピングサイトを構築しようとすると、ホームページ作成の知識に、ショッピングカート選びや、細かな設定にカスタマイズ、画像加工などの知識と色々な知識とスキルが必要でしたが2013年度現在では、遥かにネットショッピングのサイト作成は容易になっています。

商売を始めるには、リアルでショップを構えるよりは、圧倒的に、ネットショップからスタートしたほうがメリットが大きいです。

自宅で始めれば、在庫を確保できる程度のスペースでよいので、場所も極端に広くは必要とせず、設備投資もサイトやドメイン代金程度で、殆どかかりません。
入店するお客の見込みは、インターネットであれば、日本全国、商品や形態によって世界を相手に商売することも可能です。
既存のリアルの店舗では最初からこれだけのリスクの低さで、可能性を幅広く持つことが可能なビジネスは早々無いと思います。

ネットショップでは、サイトが稼動している限り24時間年中無休で注文を受け付けることが可能なのでその受注をうける人件費も特別には掛かりません。
在庫も受注後 注文してメーカーなどから発送するような仕組みをとっていれば、対してスペースも押さえることが可能なので工夫のやりがいは山ほどあります。

インターネットで高速回線が普及して12年程度ですが、今までも、これからも通販の市場はどんどん拡大していく業態だと思います。
いま出遅れて開始しても、何もやらないよりは、今すぐチャレンジして知識を身につけておく事は必要だと思います。

初期費用の、元手が無くては始まらない?