30代になると、会社では中堅として位置づけられる。
40代にもなると役職にもつけないと片たたきで、会社に居づらくなる世代になってしまうことでしょう。
中高年がインターネットビジネスで成功しにくい理由について根本的な問題と、ここから成功へつなげる要素を紹介します。
働き続けなければならない中高年が増えることは年金の給付額や、日本では中小企業の数が9割に及ぶことからも目に見えています。

ニーズの違い

中高年になるころには、趣味や関心ごとが多様化する。
仕事の内容も家庭環境も人それぞれで大きく異なるだろう。
物販だろうとアフィリエイトだろうと
関心ごとの需要を見極めることが出来ないと失敗する。
中高年が中高年世代に向けてビジネスをするとなるとケースバイケースではあるものの、ターゲットを間違った商売を選ぶと失敗する。
反対にニーズとターゲットさえきちんと捉えることができれば成功に近づく。

スマートフォンを手にした男性の腕

インターネットのビジネスは進化が最も早い
2007年までにはスマートフォンは存在すらしていなかった。※2008年にiPhoneが登場する。
たった10年でインターネット人口は世界的にもスマートフォンのユーザーが圧倒的になり検索エンジンですらPC向けよりもスマートフォン優先になる評価基準に逆転したのだ。
子供から老人までスマートフォンで、WEB接続する世界。
幼少の子供ですらスマートフォンのアプリで遊んだりYouTube動画を閲覧するようになると誰が想像できただろうか?

音楽ビジネスモデルが破綻してきた理由
世界とは真逆に、日本だけガラパゴスなジャンルも存在する。

成功する人

複数端末を操作する男性

  • 作業量が膨大な人
  • 自力で検索する人。
  • 関心があることは、積極的にとことんのところまで調べる人。
  • 中高年になってスキルが多岐にわたって習得できた人。

作業量が最も重要。すべきことをきちんとやらないといつまでたっても成功することはできない。
成功するまで継続することが必要。数撃ちゃ当たるというのもインターネットビジネスで同様のことが言えます。
宝くじで1等当選するよりは確率は高いと思います。
プロのスポーツ選手を目指すのは中年になってもできませんが、ネットビジネスであれば、まだチャンスは存在しています。
とにかく開始する事!。
月収100万円稼ぐには|稼ぐ方法

失敗する人

会社勤めが長く自力で稼ぐということについて全く考えてこなかった人は、インターネットビジネスを開始しても成功できない危険度が高い兆候があります。
カップ麺を手にして段ボールに胡坐をかいて座る男性

  • 検索せずに、すぐに誰かに尋ねたい人。(他人に依存)
  • 有料商材ばかり買い続けて、読まない・実践しない・作業しない人。
  • 「はてなブックマーク」や「ツイッター」などを眺めている時間が多い人。

失敗する人や成功しにくい人は、甘えが強く依存することが多い人だといえます。
調べることもせず、作業もせず、いつまでも時間の経過だけが過ぎていく人はいつまでたっても成功に近づくことはありません。
何年間もダラダラと会社勤めしている人よりも若い人の方がチャンスが有るのは、やるかやらないかの差だけです。
調べる、知識を習得する、作業する意欲が無い人は失敗する。

逆に会社勤めが長くとも、営業などの仕事を行ったり販売の仕事経験があれば、稼げる可能性は高い場合もあります。
自力で稼ぐということは、自分ひとりの「判断」と
「自己責任」
「作業するのも基本一人」(請負や誰かと組む作業は除く)
成功することが無いと、さらに泥沼にハマる人は少なくありません。

中高年で成功しにくい人

  1. 中年になるまでひきこもり経験が長い人。
    ⇒誰かに依存している。自分で活動する気が無い。稼いだことが無い等の要素がテンコモリである。
  2. 中高年になってからアルバイト求人を探しても面接までも中々たどり着けない人。
    ⇒客観性が無く、自分が適した仕事と会社を探すこともできないという状態。
    =ビジネスセンスがそもそも無い。
  3. 鬱の人
    単純に病気で鬱の人も事例はさまざまなのですが、やる気が継続してビジネスをガツカヅやることが出来ない人には不向き。
    ネガティブな思考だと大抵のビジネスでは失敗に近づく。

年をとればとるほど、若い人よりも、頭脳の冴えや記憶力も、体力も衰えているわけであり 
中高年になってからインターネットビジネスを開始するには倍以上の努力をしなければ対等に勝負が出来ない事を自覚すべきである。

現在では、高校生ですら月収150万円を稼げる時代になっているという現実を直視すべきだろう。
桐崎栄二(きりざきえいじ)という高校生ユーチューバー月収150万超え
これが良い例として考えるのは間違いですが、事実を事実としてとらえることが出来ない人は現実逃避したいだけだ。

子供を使って稼ぐユーチューバー|YouTube

中高年がこれから稼ぐためのポイント

インターネットビジネスは積み重ね方式。
WEBサイト運営も、ブログ運営も庁にわたって運営されていた方が蓄積は増える。
動画投稿も短期間のチャンネルよりも長期にわたって投稿されていた方がコンテンツ量が増える。
始めるなら思い立ったら即始める事。

稼げない理由を考える前に、1つ稼げる方法があったら徹底的にやりこむ事。
1000円稼げたら、それが10回稼ぐことに特化する事。

今月稼げなくても、そのうち大ヒットすることもたまには有る。
ニーズがインターネットでは頻繁に変わる。
トレンドがリアルタイムで更新されているように、
WEBページのアクセス数や動画サイトの再生回数、アフィリエイトの売り上げなど、ある日突然ブレイクすることがある。(長期間は続かない事が多い)
短髪でブレイクすることがあるのがインターネットビジネスの面白い所だ。
売れ筋商品が数点出てくれば、数カ月間安定した収益になることも珍しくない。
めざせ年収1億! 動画配信で稼ぐ方法 |井川拓哉

それでもインターネットビジネスで成功できない中高年の選択肢

『生涯現役』とよばれる今の時代、手堅く稼ぐのならオフラインのビジネスが良いだろう。
しかしオフライン(現実)のビジネスは自動化が出来ない。
中高年になると前にも述べたが体力も頭脳も落ちている。
貯金や資金があればまだ良いが、もしも手元に自由に使える金がない場合はインターネットビジネスが最も参加しやすい事業なのです。
言語があまりつかわれていないプログラムのSEやプログラマ。
士業の派遣など
金と体力の資本さえあれば、フランチャイズビジネスに参加するのもよいとは思いますが、いつまでたってもビジネスオーナーになる事はないし働き続けないといけない事となる。
制服着た成人でもアウト?現代のJKビジネスが色々と謎

人材派遣のニーズは中高年にも向けられている。
専門職の派遣スタッフであれば特定の専門分野のスキルや知識、経験・スキル、技術とノウハウなどが生かせる場合があります。
しかし知識やスキルが無い人の仕事の選択肢は狭まり、格安賃金できつい仕事しか残っていない現実も存在しています。
インターネットビジネスで成功できない人の選択肢も当然狭いものとなるのは現実もネットも違いは無いのが真実です。

文字『中高年がインターネットビジネスで成功しにくい理由』
文字『中高年がインターネットビジネスで成功しにくい理由』