どうするのが効率的なのか?
稼げることをすること。
これに尽きる。
福沢諭吉柄の1万円札 日本円の紙幣
稼げない事を延々と毎日繰り返していても、宝くじで一等に当選する確率でしか億という現金がポーンと手に入れれることは無い。
もしも毎日地味なことで生活を送っているのであれば、
そこから安泰を獲得するには相応の計画が無いと無理なのですがそのことにすら気づけない人も多い。
少ない収入から、コツコツお金を貯めていくことが悪いことだとは決して言わない。
ただし効率よく稼ぎたい場合には、こつこつ貯金していては圧倒的に効率が悪いことを知らなければならない。
お金を稼ぐ仕組みの根本

  • 消費者が居て
  • 生産者が居る。
  • この二つがないと商売は成り立たない。

  • ニーズがあって
  • 提供する。
  • これを間違うとどうやって稼げいいのか迷うだけになる。

  1. 飲食店
    お腹が空いた⇒料理⇒代金
  2. 悩み系
    解決できない問題がある⇒解決方法⇒感謝・お礼
  3. 病気だと
    痛い・体の不調⇒診察・治療⇒お代

最初に悩みや問題の需要が無いと、提供するものは売れない。
商品代金や報酬やお代を払ってでも欲しがられる魅力が無いと商売にはならない。

たまに世の中には、提供したいものが先に会って、どう消費者を探すかを考えるパターンはビジネスとしては成り立たない確率が大きい。
インターネットのように、物理的に提供しなくとも世界に居る人が客にできる商品であればよいが、物質的な商品(サービス)提供が必要な商材はまず無理だ。
お金を稼ぎたいと考えるのであれば消費者のニーズを組んで旨くそのニーズを満たせる商材を展開しないと稼ぐことは不可能だ。
競合が乱立しないことも考える必要性もある。

お金を稼ぐ

日本の円・お札や硬貨
普通の生活サイクルでも無謀なことをせずに正確に貯金ではなく運用できてさえいればそれなりの生涯所得は構築できる。
毎日火の車ように働かないと食えないというサイクルになったら最後。
そこから抜け出さない限り安泰は無い。
普通に数か月休養していても収入源が安定的に途絶えない生活が理想だ。
自分が働かないと給料が入らない労働型の仕組みで収入を得ているのであればいつか転ぶ。

倒産するか、自分が体を壊すか。
親族が病気にかかって介護に追われるか?
他にも様々な要因は降ってかかる。

学歴主義のまやかし


学校・大学出たところで
教育機関でたところで労働者になるだけ。
起業かは学校教育では生まれない。
教員・教師がそもそも労働者なのだ。
起業したことが無いひとが起業家を育てれるはずがないのだ。
集団教育で、周りと合わせることを是とした教育だけで、独自の発想が生まれ育つわけが無い。
日本の教育現場こそが起業家を阻害している面は実に多い。
大抵学校教育になじめない人は引きこもりか底辺になる生活を送るし社会に出てもまともな労働者になれることは無い。
良くてフリーターである。
大学出て 大手企業に入ってやりたくない仕事を毎日して、上司や客の顔色伺って生きていく人生がおくりたければそれでいいんですけど
普通はそんな生活望まなないですよね?

テレビはいらない


テレビがあるなら捨てるべき。
ゲームもBDプレイヤーなども必要ない。
テレビチューナーすら必要ない。
テレビという媒体はトレンドを意識する点においては重要なツールにはなりえますが、そこから吸収するには非効率すぎるアイテムだ。
テレビはつけているだけでCMをどんどん流してくる。いやがオウにも耳に入る。
自宅に帰ってきて最初にテレビをつけるという人は既に洗脳されているといっていい。
マスメディアのいいお客さんだ。
何気なくテレビに刷り込まされている映像やニュース、CM、音声がどれほどのノイズなのかが気づけないのであればかなり重症だろう。
販売する側ではなく消費者として色々と刷り込まれている気がしてならいツールがテレビだろう。

儲かるビジネスをすること。

今就職している会社の20年後の景気が良いと断言できるのであればそのまま働き続けたらいい。
ただし派閥争そいや、将来の自分のポストが思い描けない・獲得できる自信がないなどという場合は将来は無いだろう。
人員削減は不景気になるとよく行われる。
希望退職などをつのる例はまだ良いとしても、解雇できる人材を探し出したり裏切りがでたりしたら地獄絵図だ。
組織というのは中規模大規模になればなるほど厄介。
残るも地獄逃げるも真っ暗だと行き場がない壁にぶつかるだけだ。

稼ぐ方法

稼ぐ事が大きいビジネス

需要が増えるビジネスをしないと先細りになる。
一発でドカンと注目を浴びても数か月後には見なくなる商品・ビジネスでは成り立たない。
数年、出来れば数十年もつビジネスの方が良い。
ただしモバイル端末のように10年程度で大きく変化する端末も存在する
ポケベル⇒ガラパゴス携帯⇒スマートフォン
ここまで市場がでかければ10年持たなくても短期間で荒稼ぎできますが、競合も多いので優位に立てる可能性は少ない。
※携帯電話であれば、ハードや回線を販売しなくとも、ストラップやデコ携帯、スマートフォンカバーなど他社が介入できるビジネスもでるは複数あった。

増える需要とニーズの把握

では何に需要が増えるかというと少子高齢化はハッキリしている。
子供向けサービスを作るよりも高齢者向けサービスを展開した方が先は長い。
海外でも先進国(欧米から)・中国・韓国、高齢者が増加する傾向にある(第二次世界大戦後の人口増加の多い国々)
ビジネス内容によっては、世界的にも高齢化は見られるため海外にもサービス展開できる可能性もある。
もしくは海外にあって日本にないビジネスモデルを取り入れるのも策として考えられる。
日本国内では独り身の高齢者の問題も顕著化している。
宅配弁当などのサービスも増えているしコンビニの中食文化も2010年以降からの活気だ。

ギャンブルでお金を稼ぐ方法

  • 宝くじ
  • 競輪・競馬
  • パチンコ
  • 一般的なギャンブルでは賭けにお金を使った時点でマイナスだ。
    配当金が3割~高くても5割であり、参加した時点で負ける確率の方が高いのだ。
    最初から確率的に損失が大きくなることが解り切っているギャンブルで稼ぐことは不可能だ。
    ギャンブルにお金を突っ込むことよりも、せどりでもして仕入れて転売することの方が建設的に稼げる。
    唯一ギャンブルで稼ぐ方法があるとしたら店舗を運営するか賭け事の胴元になるなるしかない。
    ギャンブルについて
    私的には賭け事にお金を突っ込むくらいなら、広告費などの宣伝に使った方が収益率は確実だと判断する。

    投資でお金を稼ぐ

    投資することで効率よくお金を稼ぐことを知らないといけない。
    投資といっても、株式取引やFXだけではない。
    資金を投じて、そこから利益や福利を獲得することが目的だ。
    投資はかならずしも元本が保証されるものではないが、正しい知識と正しい投資先にとうじれば旨みは有る。

    投資でカモにされる人

    いつまでたっても投資が胡散臭く思われる理由の一つが鴨にされる人がいることだ。
    紹介だとか口伝だけで投資するおばかさんが多いのも理由の一つだ。
    投資信託など銀行のサービスに投資を考える人が多いのも日本で投資が普及しない最たる理由だろう。
    銀行これは投資のプロではないということ。
    個人向けの商品なんざ手数料ふんだくりのなんちゃって金融サービスでしかない。
    銀行自身が投資で稼ぐ事が出来るのであれば本業でぶんすか利益を売り上げるだろう。
    個人の数百万円~数千万円の預金で小さな利絵を還元するために提供しているサービスなわけがない。
    投資⇒銀行という人はカモにされる。
    外貨預金よりもFXがお勧めな理由