ネット通販での集客の仕方はこちらで読んでいただくとして

ネット通販で使う集客の方法はツール的なことを紹介します。

SEO

検索エンジン最適化の意味の”SEO”ですが、サイト自体を検索エンジンにインデックスしてもらいやすくしたりする方法。
サイト内の滞在率を伸ばしたりすることも重要になってきています。
ECサイトでもコンテンツが重要であり、検索してくれるキーワードやどのページが重要でどのページが必要でなく改善の必要か等も重要だと思いますが・・・

予算は架けないでも内的なコンテンツとサイト構造をしっかり作っていれば検索エンジンから集客できるので、コストは基本0円で出来るはずなのですが。

昨今ではパンダアップデートやペンギンアップデートといわれるGoogleのアルゴリズムで検索結果が恐ろしく変わった感覚がある中でもブラックなSEO手法にまだ囚われているようなECサイトや店舗サイトがあるようすなので痛いしい限りです。
ブラックな手法を進んでしていると検索エンジンからつまはじきにされるだけなので近づかないにこしたことはない。
先ず真っ先にサイト内のコンテンツを考える事が大前提である。

PPC広告

PPC広告。Yahooのリスティング広告やGoogleアドワーズといった広告。検索結果の上部やサイドに表示されるので 出現率は大きいのですが、キーワードによって価格が変わるので、工夫が必要。とにかく予算ありき。数千円からでも試せるので、低予算でどんなものか試してみるには敷居が低い。
コンバージョン率との戦い。売れなければ赤字である。

既存Media

テレビなどのオフラインの宣伝方法。
テレビなどのマスメディアに取り上げられる事でも一時的なPV数は極端にあがる。どういう取り上げられ方をするのかということもありますが、検索エンジンの上位に表示されなければ意味が無いので、要注意だとも思う。そもそもテレビなどで取り上げられるようなことが頻繁にあれば、集客方法には困らないでしょうが・・・。

逆に新聞やチラシといった広告手法はどの程度余波があるのかは全く不明。紙媒体は、ほんとう謎である。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアが火を噴くと恐ろしいトラフィックを生むことになる。炎上の点火、加速速度もソーシャルツールで爆発的になった気がしないでもない。

twitter、SNS(facebook、mixi)他etc中小各種様々なツールがありますが、本当火がつくと手がつけられないことになる。
基本よい事よりも悪い事で火が付く事が多いので炎上マーケティングなどという言葉まである。

よく見かける中々売れないケース

アフィリエイトの罠