通販をするとしたら、その取り扱う商品は、他の方法でも売れている商品でしょうか?通販以外の販売方法でも、売れ筋の製品であれば、通販で販売しても良いと思います。

スポンサード リンク


ただオフラインで販売していても全く売れない商品というものは、よほどの事が無い限りネット通販でも売れるとは限りません。
少ない個数であれば、まだ出品すること自体はコストが掛からないので問題はありませんが、大量に新規で在庫を抱えるリスクを自ら負う事は無謀な賭けになるからです。

売れるのを売る。
売れない物は仕入れない。

ネット通販は、リスクやコストは殆どかかりませんが、売れない商品を幾つも並べていると、そのショップの魅力が無くなっていくばかりか、訪問者の人が気になる商品が中々見つかりにくいサイトは利便性を損ねてしまいます。
たまに売れることがあるかもしれません。
ですが、よっぽど売れない製品はあるだけ、邪魔に感じる人が多くいるかもしれません。

例えば購入者におまけをつけるサービスを付け足していることがりますが、中には処分するにはもったいないために、合わせてつけているような物が存在していたりします。必要性が無いものを貰ったらその人は嬉しいでしょうか?

売れにくい商品を無理やり売ろうとする事は喜ばしくないことですので、利便性を第一に考えるべきです。お客が買いたくなる商品を取り揃えてこそ、利便性が高いショップという認識がつきリピートも自ずと増えるからです。
今の時代は同一の製品が他所のショップで幾らでもごろごろ揃っていたりします。
差別化という店では、価格競争だけでなく、お客に利用してもらいやすいショップであるべきだと思います。

ネットショップは工夫と攻めの姿勢が必要