Yahoo! JAPANとブックオフが資本・業務提携するとのことで、この事がどこに影響を及ぼすのか?考えられる事としては中古販売やオークションサービスには相当な影響が考えられる

Yahoo! JAPANとブックオフが資本・業務提携

Yahoo  JAPANとブックオフが資本・業務提携   プレスルーム   ヤフー株式会社
~「ヤフオク!」が「BOOKOFF」チェーン全店のマーケットプレイスに
「ブックオフ」チェーン全店を「ヤフオク!」のリアル拠点に
異業種最強タッグで“リユース革命”を起こし、リユース経験者100%へ ~
「リユース革命」プロモーションページ
http://reuse.yahoo.co.jp/revolution

2014年4月24日

ヤフー株式会社
ブックオフコーポレーション株式会社
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/04/24a/

古本などのブックオフがYahoo!ジャパンと提携することで、今後ヤフオクでの本の出品量が圧倒的に増えることが考えられる。
従来ブックオフで安く仕入れてオークションで個人が販売するセドリなどが一時期行われていたようだが今後はブックオフが直接販売されるとそういうことも出来なくなる。これはアマゾンのマーケットプレイスにも同様なことがいえる。
本の市場として例えば近所のブックオフには販売されていてもネット上では高い価格の中古本などは結構稀に存在した。
今後もしもブックオフが全力でヤフオクで捌き始めたら結構勢いが変わる可能性がある。

今後はそういうことが起きにくくなる可能性がある。

【落札】ヤフオク!

恩恵が受けられるのは?

この事は、オークション利用者(個人出品側)にはデメリットがある。
恩恵があるのは落札する人とブックオフくらいだろう。
YahooJapanも恩恵はあるだろう。
ただし新品の本の流通量に影響がないかは引っかかるところ。新書など1500円程度の古本が半額近い価格でヤフオクで販売されるとなると脅威だろう。
実際のサービス開始で送料価格がどの程度になるのかわからないが、数冊落札してまとめて送付してもらえば損することはないだろうから。

個人的には

古本の価値は既存店舗で販売されている分には大して気にはならないが、インターネットで販売されると出版社側などからも目障りになる気がする。

中古本・CD・ゲームに限らず、アパレルやスポーツ用品・ベビー用品・雑貨・携帯電話など、様々なモノの買取や販売を行っています。

こういう内容なので本だけに限らない影響がある。
今まで中古売買に関わらなかったユーザーにまで影響を押し広げそう。

古本売買よりも電子書籍とかを安く種類を多く出版社側には販売してほしいものだが・・・。