YouTube等を含めた動画のSEOについて 
モバイルユーザーはテキストサイトは見ないだとか
動画コンテンツを見るかアプリで遊んでいるかの比率が高くなったと言われている昨今ですが、
動画の必要性は、今後も衰えることはない。
YouTubeサイト内での動画のSEO対策と
WEBサイトに動画を掲載して検索エンジン対策にどう使えるのかの考察です。

スポンサード リンク

YouTube内の動画SEO

YouTubeロゴと文字YouTube内で動画の上位表示
もしくは、1本の動画を、Google検索の上位に表示させるには?
これは難しい。
再生回数やコメント数などが、上位表示に関わってくると予想されていますし、
現にいくつかのキーワードで検索するとそのように思える。
タグなどはあまり大きい意味での重要性は薄くも感じる。

アップロード日時などを絞って検索できたりもするため、一概にこれが適切というものでもない。
普通に検索したときの、上位表示の仕組みは、検索エンジン同様常に変わっていると考えられるため、
魔法のような手法は無い。

文字数

2017年1月時点では文字数は1000文字オーバーの文字でも書き込める模様。
1つの動画内でも、多言語化表示も可能であることから、ページ数は各国の言語で作成すると相当大規模な情報量になる。

YouTubeから集客は難しい

YouTubeに動画を投稿したからといって再生回数に対して相応のサイトへの移動も見込みにくい。
キャンペーンのような作りで閲覧者の特になるようなリンクであれば異なるとは考えられますが、
単に詳細などという誘導では、YouTube閲覧ユーザーは説明文などもほとんど読まないため効果は薄い。
動画⇒WEBサイトへの集客力は低めである。

サイトに動画

WEBサイトに動画を掲載する方法
基本的に外部の動画だと埋め込み形式がiframeタグであれば、原則GoogleBOTは辿らないと考える。
結果として記事内に埋め込まれている動画そのものは、検索エンジンが評価しないといえる。
しかしながら動画を掲載していることで、閲覧者がサイトに留まる時間は長くなる。
PCからのアクセスだと、リンク先に飛んで離脱する可能性が大きいですがiPhoneなどでアクセスすると
動画再生が終われば元のサイトに戻ってきて続きを読むことが考えられるからだ。
滞在時間のUPには寄与する。
これがどの程度評価でプラスに作用するかは不透明ではありますがマイナスになることは考えにくい。