zipというのは圧縮ファイルのことでパスワードを、かけることが出来る。

zipファイルのアイコンの表示例

ZIPのアイコン表記はパソコンの環境によって多少変化する。(インストールしているソフトなどでも表示が変化することが有る。)

  • 圧縮する理由は、メール送信などで楽にファイルを送信することができる面が大きい。
  • Skypeや、特定のクラウドに送信する場合も向いている。
  • 短所は回答しないと開けないことだ。(一部フリーソフトなどで解凍しなくともロックが掛かっていなければ閲覧できるビューアーなども有る)
    毎度圧縮⇒解凍するには煩わしいので余程の理由がない限りは圧縮することは無い。

    スポンサード リンク

    圧縮ソフトZIPやRar等

    圧縮ソフトは
    7-Zipや、LhaplusやWinRARなど多数ある。
    zip(ジップ)とは圧縮ファイルの一種。
    他に有名なものだとRar等。
    圧縮したり・解凍するソフトを使うことでファイルをもとに戻せたり圧縮できる。

    • 圧縮・解凍・ランタイム
      窓の社http://forest.watch.impress.co.jp/library/nav/genre/arc/archive_archiver.html
    • 最新だと7-Zipが人気なのだろうか。

    • Lhaplus
      http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/
      ドラッグドロップで使える。
    • Rar形式などに
      WinRAR 日本語版(64bit版)
      http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winrar/
      シェアウェアなので一定期間使用後はライセンスキーが必要になるのがデメリット

    圧縮する場合

    対象のファイルを右クリックして
    圧縮を左クリックする。
    これで圧縮できる。
    RARかZIP等圧縮方法は、選択できる。

    パスワード付きにする

    パスワード付きでzipに圧縮したい場合は、
    対象のファイルを右クリックして
    zipを選択して

    圧縮方法

    ZIP圧縮時の パスワード設定画面

    パスワードをクリック後に 入力フォームが表示されるのでそこでパスワードを設定する
    OKを左クリックする。

    作成後に
    フォルダの階層移動させたら
    パスワードを入力しないと解凍できなくなっていたらOK。

    圧縮ファイルのパスワードを求められている画面

    解凍しようとするとパスワードを求められる。

    zipのパスワード

    圧縮する時にパスワードを駆けた場合
    解凍(開く)するには、パスワードを求められる。
    ツールなどで中身のファイルの確認すらパスワードが必要だったりする。
    このときにパスワードを忘れてしまっていると開けなくなる。
    本当わりとこれやらかすと途轍もなく困る

    フリーソフトでパスワード探索することも出来ますが手あたり次第のトライになる為、パスワード文字数が複雑であるほど時間が相当かかる。

    よっぽど解凍されたくない場合には手の込んだパスワードを設定しておくべきだし
    私用で使う程度には忘れてしまうパスワードは圧縮には使わない方が良い。
    ファイル名から連想されやすいのはセキュリティー的に危険。