DeNA WELQ全記事非公開そしてMERYは9割削除という流れになっている。

DeNAが運営する9つのドメインサイトが記事一旦すべて非公開にするという発表だったものにMERYは含まれていないかったと思うのですが、
なんというか色々と変。

「MERY」は本当に問題なし? 9割以上の記事が消え、広告代理店やライターも困惑

DeNAの健康情報サイト「WELQ」が、他メディアの盗用や誤情報を発信し、サイトを非表示にした問題で、同社が唯一運営を続けると発表した女性向け情報サイト「MERY」でも9割を超える記事を削除したことがわかった。混乱する関係者らに取材した。

結局これって「MERY」にも問題ありとその後判断したわけですよね?
とするとDeNA発表の謝罪のようなページは一体何だったのか疑問視してしまう。

炎上DeNA、粗悪メディアにとどまらない危機

「(他サイトから文言転用を推奨していた点について)私自身、モラルに反していないという考えを持つことができませんでした」。上場企業のトップ、しかもプロ野球球団を運営する企業がこのような認識でネットメディアを展開していたとは、驚きを通り越して呆れるほかない。

上場企業
球団運営できる規模
そのうえでパクリコンテンツ指示。
しかし株価はイマイチ反応していないようですが、
日本って窃盗に寛容なんですね。
画像の無断転載とかも一部で指摘されているようですが、そうなると記事の出店明記とか改変云々の問題以前にクロだということが明確になると思うのですが。

昔からある会社組織のパクリサイト。

大手でなくとも中小の聞いたことも無い名前の法人がどうどうともろパクリ記事書いている事例はあったのですが(別ドメインで投稿直後の記事もろ全文転載されたことがありますので…)
大抵問い合わせで指摘しても適当な返しの文言でムカつくのでアレですが、本当投稿型サイトにみせかけているような無断転載サイトはほろべばいいと思う。

まぁDeNA規模の会社が平然とパクリサイト9つのドメインで運営していたとなったら
もう目も当てられないですよねぇ。
一層DeNAの画像とか転載されまくってみたらいいんじゃないの?とすら思う。

※naver系の韓国語圏のドメインとかだと平然と著作権侵害しているドメインなどは、多数ありますが、DeNAの場合は、外国圏でもないですし。

DeNAがやらかした内容

著作権踏みにじる
アルゴリズムという点でDeNAは裏を突いたという程度
これも高度な技術があったわけではなく投稿数と文字数のごり押しの力量技でしかないので評価できない。
ましてや記事盗用・画像転載はアウトである。(テキストのパクリに関しては曖昧なので言及しにくいですが)
やっていたことは金さえあれば誰でも真似できる内容ではあるが
量が、桁違いなので普通の人力では追いつけない。
いったい何人の人が参加していたのだろうと思う。
※従来の機械で書き換えするツールなどではGoogleが低品質としてマークされたりするパターンを上回った点は、DeNAのやったことは、人海戦術による功を奏した感じが強い。
模倣されなくもない悪例となった。
低報酬の依頼
資金と低報酬という、ごり押しで稼いだPV数だったので一般人には参戦しづらい。
アフィリエイターだと高めの報酬払って良い記事書いてくれる人見つけれるかの戦いだったが、
DeNAは企業だったのでごり押しできた摩訶不思議なチート技。
普通に考えても1文字0.3~5円の記事作成受けたいと思う人は居ないだろう。
2000文字書いて1000円の報酬とか受ける人が居たことが驚愕。
今後在宅ワーカー増やしたらこういう事案が万円しそうな事例になった。

DeNAが行っていたことは、GoogleのSEOの裏をかいたというよりも、単純に人を安くかき集めてアクセス数を適当な記事でかき集めることが出来た点では
Google検索のアルゴリズム云々の話以前に、どうしようもないんじゃねとしか言いようがない。
まぁドメイン事フィルターにかけたりするが鉄板なんでしょう。

日本語圏ではGoogle検索エンジン(Y!Jも搭載)が、一強で、
マイクロソフトのBINGが貧弱なので
こういう事案がまかり通っていると思うのでマイクロソフトやるきだせよと思う。
https://www.bing.com/
Naver検索は日本語圏から撤退しましたし…。
(naver本家は、FC2以上にひどい著作権侵害平気でしてますけど、日本だとnaver叩きよりもFC2悪者にする風潮があるようで、日本人バカばかりで白ける。LINE普通に利用してるし…。頭大丈夫かと思う。)
FC2も悪さはあるけどnaverよりマシだよ。割と真剣に。