原作がライトノベルの漫画版・アニメ化作品『異世界食堂』という内容。
ひとまずファンタジー世界と料理物の作品乱発されすぎ感じが否めない

コミックス


異世界食堂 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

オフィス街に程近い商店街にある食堂「洋食のねこや」。猫の絵が描かれた扉が目印なことと、洋食以外のメニューが豊富なことを除けばごく普通の食堂…だが、一つだけ秘密がある。毎週土曜日の店休日、「ねこや」は“特別な客”で溢れ返るのだ。“こちらの世界”の人間なら食べ慣れた料理でさえも、彼らにとっては見たことのない絶品料理。そのため、特別な客”たちは、「ねこや」をこう呼んでいる―――「異世界食堂」。読めば必ずお腹がすく、美味しい異世界ファンタジー、開店です。

2017年7月6日

雑感

ファンタジー異世界と料理物作品の漫画が乱立しているが、意外とキャラクターとか世界観がごっゃちになってしまう程度に個性が無いきがしてならない。
なんかどれも似たり寄ったりすぎるんだよな。
別に異世界と料理をテーマにするのは有りだと思うけどやり口が表現としても話としてもどの作品でも抜きんでる要素は今のところ見あたらないのが残念。

ライトノベル


異世界食堂 4 (ヒーロー文庫)


異世界食堂 1巻【電子書籍】[ 犬塚惇平(ヒーロー文庫/主婦の友社刊) ]