魔女の怪画集 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者は、晴智 。
絵画に付随している呪いのような特殊な力と、それを回収するといった内容の作品。
舞台は、異世界ファンタジーといった感覚。

作品詳細


魔女の怪画集 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

孤児院の少女・アイシャには、自身の血を混ぜて描いた絵に奇跡が起こる不思議な力が宿っていた。しかし、善意で描かれた絵は人間の欲望にまみれ、やがて人を害し「魔女の怪画」と呼ばれるように。アイシャは自ら描いた一番の友人・ロキに、全ての絵を燃やすよう最期の願いを託す。約束を背負った少年・ロキのはるかなる旅が始まる…!!

内容

触れないと
ベットと画材だけの部屋
手には鎖
蜘蛛

魔女の絵画と

41枚目と

109回目の春とか・・・

159枚も有るのか(あの幼女の年齢で書きあげた枚数としては驚異な数だと思うのだが)
デ鎌落とされるとか シャン
リラ落ちてくるとか
「お前はいったい誰なんだ」と

4話
第四課の本部
「たしかこんなマークがついてたはず」と
鳥出現
「歴史上二人目の魔女だ」と
5話
鳥池に落としたりw
パン
5話
兄であって直後血を吐くと
6話
オオカミ探しで被害拡大

7話
過去回想からの


魔女の怪画集 2 (ジャンプコミックス)

雑感

主人公に魅力的な要素は無いかな。
登場人物が異様に多いのも気になる点。
組織に属しているとはいえ序盤から出てくる人物数が多すぎる。
話の内容も短期的・長期的に引き付ける内容も無いことからサラっと読み流す程度には読めてしまうのですが、この作品読み続けたいとはどうしても思えない。
中身に魅力が乏しい感じは強い。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

onnnagoe



魔女の怪画集 1【電子書籍】[ 晴智 ]