Monku no Tsukeyo ga nai Rabukome-comics
文句の付けようがないラブコメ というヤングジャンプコミックスDIGITALから販売されている漫画。
漫画:肋兵器
原作:鈴木大輔
 序盤こそ期待したのですが途中から話の展開が遅い気がする。

作品概要


文句の付けようがないラブコメ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

“千年を生きる神”神鳴沢セカイの下に生贄として捧げられた桐島ユウキ。生贄となる対価としてひとつだけ願いを叶えてやると言われた彼はこう言い放った。「神鳴沢セカイさん。俺と結婚してください」 神とその生贄をめぐる、奇妙な愛の喜劇が幕を開ける──。

文句の付けようがないラブコメ 第1巻

いけにえとして神様にささげられると
結婚申し込むとかw

昔の階層でも妹は着物w
なかせたとかw

「初夜はいつ迎えればいい?」とかw

普通に学校に通って
「結婚したんだ」と

紐姿で 「おかえりなさいあなた」とか・・・・

過去話

実家は製薬会社と
葉巻ふかして極楽極楽とか ウィスキー

妹話が
ブラコンと
住所突き止めてるww

文句の付けようがないラブコメ 第2巻


常軌を逸したブラコンと

「まだ小学生」と
来役会社を実質的に経営とか・・・

っているんか―いと

使えないメイド
「赤ちゃんができたんです」とかww

ハムスターの話ですとかw

結婚ネタは信じてもらえていないと

「今日は転校生を紹介する」とかw
「察しよすぎだろう」と
「はい出ましたお約束」とかw

「まずは脱いでもらおうかな」とか

体操服がブルマw

食堂にて 妹まで乱入

編入とかw

お宅訪問

趣味がwwwwwwwwwwww

300年前くらいからとかw

31話
あるところに神様が居ました

妹に馬乗りなられて・・・・(というか小学生設定わすれてる画だよなぁ

スイカ
盗聴器と

32話
夏服シーン(この回くらい)
補習からの学校探索

33話
文化祭
冬服モード

[第34話] 文句の付けようがないラブコメ
文化祭
占い屋 もとい予知
衣装と

35話
衣装で離婚・絶縁

36話
衣装は出来て

メイドカフェ

思わせぶりな終わり方


ひとまず序盤は期待したが妹まぜたり学校生活が長引くとダレてきている気がする。
話の本筋も進まないので飽きてくる感じはする。
少し途中から残念度が高くなるな。
神様設定は殆ど描写されることがないこともネック。
ただのラブコメにしか見えず特段引かれる要素が無いこと。
絵柄こそ、ヤングジャンプコミックスには珍しい画なので期待する物の極端な描写も無く。
話とキャラクターで秀でる要素が2巻まで無い気がした。
序盤だけが良い作品。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

onnnagoe


Monku no Tsukeyo ga nai Rabukome