Tokyo Revengersという和久井健 (著)の漫画
ヤンキーものと思ったら意外な最初の展開はやや驚きだったけど結局ヤンキーものだった。

東京卍リベンジャーズ 詳細

第01巻~08巻まで発売している。


東京卍リベンジャーズ(1) (週刊少年マガジンコミックス)

花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!

そういえば最近不良物の漫画も下火なジャンルですよね。
不良というかヤンキーだとか暴走族・チーマーなども化石的なジャンルですし。(完全に死滅したわけではないけど悪さをするグループの小規模化と変容が有るんだよな・・・)

Tokyo Revengers 1巻

不良漫画かと思ったが意外と面白そう。
電車にはねられかけて中学時代にタイムスリップ
12年前の今日と
「マサル君はパシリだった」と

「君はタイムリープしたんです」と
悪手でタイムリープと
キングにタイマンw

「タケミっち今日から俺のダチなっ」と

「昭和だな」とか

2巻

うっかり弟と握手
「お前を線路に突き落としたのは俺だ」と

3巻

テメぇらいい加減にしろや
3巻あたりからテンポ遅い

4巻

ドラケン刺される

歴史が変わる それでも過去共有している弟
ヒナそれでも殺される

5巻

意外な展開

シャンプーハット・・・

6巻

乱闘へ

雑感

最初の社会で役に立たない感じの青年が、12年前にもどって中学時代からというのは面白いものだが
ただ何回もタイムトラベルしたり歴史が変わっていること考えると
ヤンキーものという要素と踏まえても二倍に無茶苦茶だなと感じてしまう
巻数重ねてくると読むのもしんどくなってくる。
従来存在したヤンキー漫画と、最近のタイムリープ物をごちゃまぜにしたシナリオという印象だよな。
中学生ヤンキーというよりも暴走族とか出てきたりしているので無茶苦茶度合いもキャラクター達の立場よりも酷いことは多い。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

onnnagoe

 

  • KINDLE無料の本もラインナップ豊富。Amazonの期間限定 無料お試し版というサービス内容が斬新。