日本で外国人の移民が増えた結果が悲惨な町があるようだ。
群馬県大泉町の事例だと思われる外国人の移民が増えた結果が散々なものに。

工場が多くあることから外国人労働者も多いことで70年代80年代から増えた外国人の問題がここで顕著化している。

    移民と外国人労働者は異なる。

  • 日本に国籍を映した人⇒移民
  • 出稼ぎで来た人⇒外国人
  • ただしどちらも育った文化や言語の違いから軋轢を生みやすい問題である。
    2世・3世の問題も出てきているようだ。

10人に一人が外国人の町?

  • 【悲報】日本への外国人移民の実態や起きた結果が酷すぎる
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1470588291/
  • 2chの1番スレに画像がある。
    テレビの画像のようですが出典元がわからない。
    ただしこの地域ってもしかするとここなのではと思える記事を見つけた。

群馬県大泉町は、富士重工(スバル)や三洋電機(現パナソニック)などの工場があり、1970年代後半から80年代から人手不足のため、外国人労働者を受け入れてきました。
 1990年の入管法(出入国管理及び難民認定法)改正に伴い、日系二世・三世及びその家族に対し3年間滞在可能(延長可能)な「日本人の配偶者等」「定住者」査証の発給が認められ、「活動の制限のない」、つまり労働者としての活動が認められようになりました。その結果、大泉町にはブラジルをはじめとする南米からの労働者が入ってきており、人口約4万人のうち、約6,000人が外国人(40カ国以上)であり、中でもブラジル人は4,000人と人口の一割を占めています。

不法滞在の人に日本の法を適用しなくてもよいのではと思ってしまうむしろ元の国に返すべきだろう。

外国人増えすぎた結果

結果2016年代には4人に一人が外国人の生活保護受給者というのは目もあてられないと思うのですが。
外国籍の人に生活保護を与えている問題は根本的におかしな問題だと思うのですが是正しないのでしょうか。
これは群馬県だけでなく
大阪においての高齢の中国人女性がやってきて生活保護を受けていた問題で同様の事が伺え、日本どこででも起きうる問題だろう。

政治もダメすぎる日本

安倍政権は従来から移民の拡大の方向性を目指している。
地方で実際に外国人が増えた結果がどうなっているのか等まったくお構いなしなのだろう。
自民党の外国人労働者(移民)に積極的なことが理解できない。
日本人に対しても非正規雇用を増やし、結婚すら考えられない若者ばかりにして
最低賃金は1000円目指すなどと2016年になってから言い出す政党なので、今後も期待はできないだろう。
外国人労働者を増やして何がしたいのか?としか思えない。
ユニクロは年収100万円代目指すというし、
グローバル化で人件費安くしたいことが見え見えである。
資本主義の社会で、労働で得られる対価の年収について。

日本人のための日本国が消える! 移民亡国論

日本人のための日本国が消える! 移民亡国論


安倍政権は毎年20万人の移民受け入れの本格検討を始めた。深刻な人手不足というのがその理由だが、それは嘘である。裏で新自由主義者が働きかけ、グローバル企業のために労働賃金を下げることを画策しているのだ。実質賃金が下がっている現状での外国人労働者増は、再びデフレに戻ることを意味する。台湾で中国人流入に反対する学生が国会を占拠、仏でも移民排斥の極右政党が躍進するなど、世界で移民政策は失敗するなか、逆行する日本の愚策を突く。

  • 著者: 三橋貴明
  • 出版社: 徳間書店
  • 発行日:2014-06-30
  • 日本人のための日本国が消える! 移民亡国論