social networking service「SNSがたくさんあっても」と2011年1月20日午前中にこんなことを思っていたわけです。

所詮ソーシャルメディアも、情報伝達のツールでしかないわけで、
mixi、myspace、twitter、facebook、ブログ 他etc

スポンサード リンク

掲示板であったり、要するに、情報を共有する伝達手段でしかないので、サービスによって、どうこう云々というのは何かが違う気がする。

1方向の情報伝達であればメールでいいわけで音声であれば電話やskypeなどでいいわけで、流行り廃り云々ではなく利便性がどれがいいのかが、気になるのです。

単純にmixiとfacebookであれば、facebookのほうがいろいろとできるので便利なのですが・・・。
ただfacebookだけでもなんか引っかかるのです。

SNSとだけであらわすならそれでいいのでしょうが、メリットとか、どういう目的やどういう使いかたが一番便利なのかといった、ことがいまいちわからないのです。

これが滞在時間が世界では一番多いとか・・・。ちょっと理解に苦しむ。

操作性は悪いし、情報の集約とか収集としてもいまいちだし、コンテンツは探しにくいし。

とお考えていたら、

こんな投稿が本日facebookにて、hyoさんのリンクにあったので。

かなり気になる内容です。

ソーシャルメディア革命無料献本の物を読んでみた

早速ダウンロードして読んでみた。