葱ラーメンについて

ねぎラーメンといってもスープは醤油・味噌・塩などのスタンダートなラーメンに、葱がトッピングされているだけの事が多い。
主に葱をトッピングで載せる場合は青葱よりも、長ネギを刻んだものを乗せる物が主流だ。
100円~150円程度通常の葱が無いメニューより高めの価格設定であることが多い。
ただし長ネギでも食べ過ぎると舌が痺れたな辛さに覆われるので食べる分量には気を使いたい。
最近では玉ねぎをトッピングに使うラーメン店も増えてきている。

麺工房 武 葱ラーメン830円 東京都江東区 亀戸駅近くのラーメン屋

ラーメン
麺工房 武 葱ラーメン830円

東京都江東区 亀戸駅近くのラーメン屋 麺工房 武にて『葱ラーメン830円』を食べた感想。 麺大盛り無料にしておけば良かったと後悔したほどの食べおわ得た後の量の物足りなさだった。 味は家系っぽい味であたりさわりない味でしたが、 スープも温いし、不満足度は高かった。

横浜家系ラーメン壱角家で2回目と3回目の感想 (葱も、ご飯もマズイ)東京都墨田区のスカイツリー店

ラーメン

横浜家系ラーメン壱角家で2回目と3回目の感想 (葱も、ご飯もマズイ)東京都墨田区のスカイツリー店にて 家系ラーメン屋のチェーン店ではありますが、2回目と3回目の感想ですが、チェーン店なのに基本的な味は極端に変化はないものの、味がどうも微妙に異なる感じがしなくもない。 濃淡程度の差か不明ですが、しっくり来ない感じもする。 葱はいまいち。 ご飯は食べれない程度に不味かった。 店員が絶対なめているとしか思えない。

ページの先頭へ