ライトノベル関連の記事

ライトノベル(Light novel)は軽い小説の意味。
軽い小説といっても内容は300P程度あり字数は、本によって大きく異なる。
通常の小説と大きく異なるところは、漫画絵風の挿絵が用いられていることだろう。
内容も軽いものが多く、極端に難解なものはないが中学生・高校生層むけに書かれており、窮屈な文体などはあまりない。
学園ラブコメからSF・ファンタジーまでジャンルは様々存在している。
価格は500円台程度の本が主流で手ごろに読む事が可能だ。

僕は友達が少ない 三日月夜空

僕は友達が少ない 三日月夜空というヒロインキャラクターは実に個性的だ。 最初、黒髪ロングなのに序盤で髪をばっさり切るヒロイン。 最近のラノベにありがちな、のほほんでは通さないあたりでなんともグヌヌヌと思わせてくれるヒロイ・・・

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる(アニメ)動画など

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるというアニメは、ライトノベル原作のアニメです。 原作自体は既に10巻を超える冊数が発売されていますが、2年立っても2期の話はないようなので多分ディスクが売れ行きがよくなかったのだろう。 ひ・・・

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1巻から6巻まで読んでみた感想(ライトノベル)

趣味

アニメ版の1話と2話を見て話が気になったので、1巻を手にとって見たものの、アニメ版3話みてげんなりしたさ。(一応6巻までは読んだ。) 一応、その後、1巻から5巻まで読んでも、テーマの照準の合わせ方は面白いのだが、話の展開・・・

アクセル・ワールド15巻まで読んだ(ライトノベル)

趣味

アクセル・ワールドというライトノベル。 ひとまず主人公の有田ハルユキがあのキャラなのは普通に消化できてしまう不思議な作品ではあるのでそれなりに楽しめる内容ではあるのですが、現状原作の電撃文庫は、2013年10月時点までに・・・

アクセル・ワールドと、ソードアート・オンラインというオンラインゲームが舞台のライトノベル

ちょっと脱線してライトノベルについて。アクセル・ワールドと、ソードアート・オンラインは川原 礫原作によるライトノベルなのですが、どちらもオンラインゲームが作品の舞台なのですが、アクセル・ワールドは、システムが対戦格闘ゲー・・・

ページの先頭へ